2014年12月25日

クリスマスなので (1/2)

 昨日作ったクリスマスのものふたつ。ひとつめは、まず、ロールケーキ。
(後半は、のちほどローストチキン画像を)

 天板の内径は計っていませんが、だいたい、25cm x 35cm くらいの仕上がりでしょうか。
 卵は6個使いました。
ロールケーキ生地

 クリームをまいている途中の画像を撮影するのを忘れました。これはもう、巻いたあとです。
 チョコレートを溶かした生クリームをホイップしました。チョコはほんとうは前日に生クリームと一緒に温めて溶かしたものを冷蔵庫で寝かすのがいいんですが、わたしは事情により、当日溶かしたチョコレートを生クリームと合わせている課程で手間取ってしてしまい、いったん「ぬるい」くらいに温めて無理やり混ぜ、それを保冷剤でギンギンに冷やしてホイップするという荒技をつかいました(笑)。
 ロールケーキ

 内側は、少しゆるめのクリーム(人によってはゼラチンで固めてしまいますが、わたしはゆるいまま)、そして外側は、中に入れ終えたあとのクリームをホイップしなおして、少し固くしました。
 戸棚の隅に去年の余ったヒイラギ飾りを見つけ、刺してみました(笑)。
ロールケーキ

 チョコを塗らなかった残りの部分と一緒に、撮影。
ロールケーキ

 では、あとでローストチキンの画像を載せます。
posted by ちぇり / mikimaru at 17:05| Comment(0) | 日々の雑記

2014年12月14日

IZARRA(イザラ)@阿佐ヶ谷

 投票を済ませたあとに阿佐ヶ谷まで散歩がてら歩き、買い物を済ませて、イザラという店に寄ってみました。以前に高円寺の駅近くにあったお店ですが、何年か前に阿佐ヶ谷に移転したのです。

 家族が常連だった関係で、普通なら少しお高めのワインらしいですが、グラスワインの料金でサービスしてくださいました。ラッキー。
イザラ@阿佐ヶ谷

 これはお馴染みのスペインオムレツ。これ、ほんとに、美味しいんです。じゃがいものボリュームもたっぷりですが、全体のバランスといいましょうか、満足感いっぱいで、しかも飽きがこない。
イザラ@阿佐ヶ谷

 これは、今日は何がおすすめですかと尋ねたところ出してもらった手羽元ですが、熱々にレモンをしぼって、熱いうちに食べます。こちらもまたボリューム満点。隣に見えるのはじゃがいも「インカのめざめ」、のっているのは生パクチーです。
イザラ@阿佐ヶ谷

 店主がみずから焼いていらっしゃるクッキー(ひまわり油を使用)と、くだものです。このクッキーがまた、お酒のあとにさっぱりと美味しい。お菓子というよりおつまみ感覚で食べられます。
イザラ@阿佐ヶ谷

 こちらのお店、日曜日は夕方4時から開いています。飲み物も食べ物もお値段がかなり安く設定されていますが、味はいい加減なところが少しもなくて、おすすめ。店主さんがひとりで切り盛りしていますが、話がうまくて、料理がいいので、飲み屋というよりは食べ物屋さんという感じがします。女性がひとりで入店しても、問題ないです。

参考リンク:
○ イザラ - 公式ページです。
posted by ちぇり / mikimaru at 18:55| Comment(0) | 日々の雑記

2014年12月01日

飲んでみたかったバター茶

 チベットのほうで、バター茶という飲み物があると聞いたことがあり、ずっと飲んでみたかったのです。野菜やお茶類などがあまり栽培されていない地域では、乳製品が重要な栄養源であり、何度もバター茶を飲むのだと聞いていました。

 つまり、チャイみたいなものなのかなと思ったのですが、バターっぽい雰囲気は何で出すのだろうと調べていたら、インドなどで使われている「ギー」(バターを煮詰めて水分を飛ばした固形オイル)を使うと聞きました。そこまでが数年前の話です。

 その後、ギーを通販サイトで見かけるとお値段をチェックしていたのですが、安く手に入れられるのは代用品のギーばかりで、乳製品由来のギーがほとんど見当たらないか、あったとしてもとても高価でした。自分には縁がない商品なのだなと、思っていましたが、やっと数日前、Amazonでお手頃価格のギーを見つけたのです。

(画像は、Amazonから)


 メール便で、数日後に到着しました。送料は200円で、本体が650円。100グラムでこの価格なら、大満足です。

 到着、開封、そして、チャイに入れて念願の「バター茶」…!

ピュア・ギー

ピュア・ギー

ギーを入れたチャイ(バター茶)

 ちょっと今回は、チャイの葉の量が少なかったかもしれませんが、これからよいバランスを見つけていきたいと思います。こくがあって、美味です。気分はチベット?

 チベットでは塩がはいったものが飲まれているようですが、わたしは牛乳と水とギーとお茶の葉だけで、それ以外は入れませんでした。
posted by ちぇり / mikimaru at 18:45| Comment(0) | 日々の雑記

2014年10月25日

ブランデーのエッグノッグ(ホット)

 昨日、テレビ番組のNCIS LA(アメリカのドラマです)を見ていたら、クリスマスのシーンでメンバーみんなが巨大なボウルからエッグノッグをすくってカップにとりわけていました。

 これはもう、作るしか…!
 そして今日の午後、作ってみました。
ブランデーエッグノッグ(ホット)

 ボウルに、材料(2杯分)を入れて泡立てます(電動のハンディミキサーが便利)
 ○ ブランデーなど洋酒 20ml
 ○ 砂糖など 16g
 ○ 全卵 2個

 そのころ、小鍋で牛乳 200ml 程度を、温めておきます。

 耐熱ガラスコップに、泡立てた全卵を半分ずつ入れておき、上からゆっくりと、熱いミルクを注ぎ、軽くスプーンで混ぜます。たまごが軽いから、どんなにしゃかりきになって混ぜても限度があります。ここでは、軽く混ぜるくらいでいいでしょう。

 グラスを傾けて飲みながら、ときどきカップを揺らして、たまごと牛乳の比率を均一にしながら、飲んでいくとよいでしょう♪

 (このグラスは、夏のタリーズの福袋にはいっていたものです) 
posted by ちぇり / mikimaru at 17:30| Comment(0) | 日々の雑記

2014年10月21日

卵白だけのスポンジケーキ

オーブンを新しくしたことと、昨夜のうちに卵黄だけたくさん使ったので卵白が5個分余っていたことで、オーブンの試し運転を兼ねて卵白だけのスポンジケーキを焼いてみました。

参考にしたのは、かなり昔に購入したこの本にある「白いショートケーキ」ですが、分量を減らしたほか、わたしなりに少し工夫しました。



さて、焼きあがり直後の画像です。
卵白のスポンジケーキ
表面が残念ながら凸凹してしまったのは、わたしが迷いつつも、型に小麦粉をふるったところ、それが生地を入れ終わるまでに下に集中してしまって、生地が流れたときクレーターのようになってしまったためです。やはり、新しい型なので粉をふらなければよかった。反省です。

皿に移動。
卵白のスポンジケーキ

カットします。
卵白のスポンジケーキ

きめ細やか〜。
卵白のスポンジケーキ

自分で作っておいて書くのもナンですが、かなり、予想以上に美味でした。くにゅくにゅと、弾力ある生地。そのまま食べても菓子パンのように美味しいです。

材料は:
卵白 5個分 170g くらい
バニラシュガー 40g
グラニュー糖 35g
薄力粉 80g
食塩不使用バター 20g

(バニラシュガーというのは、容器にグラニュー糖をといっしょにバニラビーンズをサヤごと入れておけば、しばらくして香りが移りますので、そのことです。ほんとにお店で買うと高いので)

卵白に砂糖を複数回に分けて入れながら泡だてます。
薄力粉を入れて混ぜます。
溶かしておいたバターを入れ、またよく混ぜます。

18cmリング型に入れる。
(このサイズに上記分量を入れると、口切りいっぱいになります)

180℃に余熱しておいたオーブンで、20分ほど。
すぐ型からはずし、冷めたらカットして食べる。

お試しあれ〜。

参考リンク:
○ わたしが今回購入したのと同じオーブン

posted by ちぇり / mikimaru at 17:35| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2014年08月27日

神楽坂「アミティエ」の焼き菓子

 出先から帰宅時に寄り道して、焼き菓子とレーズンサンドを買いに、神楽坂まで。アミティエというお店で、以前に「レーズンサンドナビ」というすばらしいサイトでレーズンサンドのある店を熟読していたので、この店はいつか寄ろうと思っていたんです。

 駅の飯田橋寄りの改札を出てすぐの道(サンクスがある細い道)を北上して、神社の脇の左側階段を降りて道に出たら、また北へ。かなり急な坂道になっていますが、それを降りて、え〜と、2ブロックくらいだったかな。右折すると、見えます。実際においでになるときは、地図でご確認を。

 こぢんまりした店ですが、テーブルが三つくらいありました。ケーキも美味しそうだった。次はぜひ。

神楽坂「アミティエ」の焼き菓子

 手前の丸いふたつが、レーズンサンド。これだけ2個買っちゃいました。名前はヴァニーユだったかな(訂正:ヴィーニュでした)。レーズンサンドという名前ではありません。明日、食べます。

 ぜんぶで940円でした。

 参考リンク:
○ アミティエ
posted by ちぇり / mikimaru at 18:45| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2014年08月18日

ふっくらラムチョップ

 今日のお昼は、なみかた羊肉店さんから届いたラムチョップ。羊肉は東京では高価ですし、スーパーにもいつもあるとはかぎりません。たまに買うなら、お取り寄せということになります。

 こちらのお店、お盆で人が集まるでしょうからと、ラムチョップ8ピースの特売をしていまして、メールをいただいてすぐ、注文しました。ふっくら…。

お昼に、ラムチョップを添えて

 ちなみに隣は買い置きの市販「エビピラフ」です。味の素か、とにかく、そのあたりのメーカー品です(^o^)。

参考リンク:
○ なみかた羊肉店
posted by ちぇり / mikimaru at 21:15| Comment(0) | 日々の雑記

2014年08月12日

クロワッサン (2014.08.12)

 何ヶ月ものあいだ、平均すると週に1〜2回くらいクロワッサンを焼いてきました。味は昔からそこそこまとまっていたのですが、このところの目標は「もう少し膨らむ」こと、「色が美味しそうなこと」でした。

 少しよくなりました。今日はこんな感じです。

クロワッサン (2014.08.12)

 この数回で、とくによくなった理由。
 1) 当たり前ですが、場数を踏んだこと
 2) 折り回数を減らしたこと(三つ折り x 2 で1時間休ませ、次に三つ折りして2時間休ませるだけ。以前は四つ折りと三つ折りを交互にしていた)
 3) バターの量を思い切って増やしたこと。(いままでより20gくらい増量)

 それ以前から、よくなってきていた理由は
 1) 軽くこねて、冷蔵庫で2晩休ませてからバターを折り込む(自家製酵母なので)
 2) このところの気温のおかげで、整形してからは水をたっぷり入れた器と一緒に休ませておくだけで、適当に発酵してくれるようになった。季節が変わると、またこれが、苦労することになるかも…?

 配合(毎度ながら適当です)

 ○ 自家製酵母(小麦酵母を120〜130gくらい。約半分が水分)
 ○ 中力粉、もしくは強力粉+薄力粉(いずれも国産)を、200g
 ○ 牛乳40g
 ○ 水 50g
 ○ 塩 4g / 砂糖 20g
 ○ バター 20g

 これらを軽くこねて、冷蔵庫で2晩。

 そのあと、バター110gくらいをたたいて薄くし、冷たい生地に入れて 三つ折り x 2回で1時間休ませて、三つ折りして2時間休ませて、あとは整形して、しばらく休ませて発酵させたあと牛乳を薄く塗り、200℃で15分程度焼く。

 たくさん焼く場合は、少量の卵を生地に入れたり、表面に塗ったりするのが正式ですが、これくらいの量で卵を微量だけ使うのは、わたしのようにずぼらな人間にはめんどくさすぎるので(^^; 使うのをやめました。たくさん焼く方は、ぜひどうぞ。
posted by ちぇり / mikimaru at 21:35| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2014年08月08日

柏水堂のプードルケーキとレモンパイ

一昨日、猛暑のなか神保町に出かけるついでがあり、用事が終わったのが午後2時半。照りつける日差しにくらくらしながら、すぐ近くの柏水堂でケーキを買ってみました。


有名な柏水堂さんのプードルケーキ 380 円。周囲はバタークリーム、内側はドーナツ型の真ん中にジャムをはさんでからカットして縦向きにしたようなスポンジでした。
柏水堂のプードルケーキ

レモンパイ。内側は酸っぱさのあるムース、上はメレンゲを焼いたもの、だと思うのですが、わたしは長いこと持ち歩いてしまい、家に帰ってきて軽く冷やし直しただけで食べてしまったので、もしかしたら本来の食感よりふわふわになってしまったかな…?
こちらも 380 円でした。
柏水堂のレモンパイ

地下鉄の神保町駅すぐか、あるいは九段下など、ほかの駅からもアクセスがよいお店です。
posted by ちぇり / mikimaru at 23:25| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2014年08月01日

小林養鶏場の卵、岩手県「四季むかしの牛乳」

 たぶん、普通に買ったら1個100円くらいしそうな卵なんですが、読んでいた本で小林養鶏場の卵は餌がよいのでおいしいと書かれていたので、関心がありました。牛乳も、よく噂を聞く商品でしたので、まとめて購入。

 この画像に出ている分だけで、送料を入れて、3000円ちょっと (><) 。でも、こらえきれず。
 いちおう、卵は1回限りのお得セット(送料込み)と一緒にしたので、少しは安かったんですよー。
food_140801a.jpg

 参考リンク:
○ 今回のお店
posted by ちぇり / mikimaru at 11:15| Comment(0) | 日々の雑記