2015年09月06日

新橋でタイ料理(カオマンガイ)

 ガイトーンというお店でカオマンガイ食べられるとのことで、出かけてきました。テイクアウトもあるようです。午後1時くらいで、しかも土曜日だったので混雑はなく、普通に着席できました。普段はもしかすると混んでいるお店かもしれません。

 パラパラとしたライスに、蒸し鶏。たまりません。

カオマンガイ(たれをかける前)

 別添えのたれと、パクチーを添えて「いただきます〜」♪
 タイ以外にもアジアに広くこうした料理が伝わっていますが、たとえばシンガポールでは鶏の油をすべて使ってそのスープで炊きあげると聞いたことがあります。でもこのカオマンガイは、その印象よりはとてもあっさりしていました。ライスのせいなのか、作り方が違うのか。とにかく、美味しかったです。
カオマンガイ

 パクチーは、カップに無造作に(入れたというより「詰めた」雰囲気)はいっていて、お代わりもできます。
スープに落としたり、添えたりして、食べました。
パクチー(お代わり可能)

 デザートのマンゴープリンをつけると200円増しなど、若干のバリエーションがありましたが、メインのライスものとしては、カオマンガイのほかにはガパオライスなどが目にはいった程度で、さほどバリエーションはありませんでした。

 カオマンガイは、800円(税込み)で、スープとパクチーがついてきました。

参考リンク:
○ ガイトーン - 新橋のほか、渋谷もあるようです。
posted by ちぇり / mikimaru at 16:10| Comment(0) | ランチ

2015年07月23日

保温ジャーで甘酒(麹)に挑戦

 500mlの容量の広口のジャーを購入しました(西友でだいたい2000円)。保温しながら甘酒というのは、発酵食品ファンのわたしとしては、ぜひとも挑戦してみたいと思っていたところです。

 第一回の画像のみ。まだ味見をしただけです。

 米の粒がだいぶ残っています。糯米を使ったからなのか、乾燥した玄米麹を使ったからなのか、そのあたりは、今後いろいろな組み合わせで実験していくうちにわかると思いますが、初回はこんな感じ。
(茶色いのは玄米麹のためであり、色をつけたわけではありません ^^;)

保温ジャーで甘酒に挑戦

 ネット上で読んだかぎりの甘酒造りのコツは、以下のようなものでした。
○ 60℃で管理する
○ 保温ジャーの場合は、面倒でなければ1〜2回くらい鍋で温め直してジャーにもどす
○ 麹のみで作れば甘いが、米やご飯で作る場合は甘さが足りないかもしれない

 ずぼらなわたしはこんな感じで作りました。
○ だいたい60℃を目標にはするが、おそらく無理なので、ぬくい程度で時間をかけてがんばる
○ 温め直しすること自体はなんでもないので、様子をみながら数時間に1回は軽く温めてもどす
○ 麹のみで作ると原材料代がかかりすぎるので、余っている糯米で作る

 用意したもの
○ 余っていた糯米 (計量カップで100ccあたりのところまで)
○ 水 300cc(だいたい)
○ 乾燥タイプの玄米麹(糯米と同じ量)

A. 軽く洗って水を切った糯米に、水を入れて、ミルクパンで適当に煮る。
B. 柔らかくなってきたあたりで、温度計を用意し、60℃くらいになるまで待つ
C. 温度が60℃くらいになったら、麹を入れて、混ぜる
D. お湯を入れておいて温まっている状態の保温ジャーに移動
E. その段階ですでに温度がかなり下がってしまっているようなら、熱湯すぎない程度の湯を入れてから、蓋

F. 数時間に1回、蓋をあけて確認。妙な匂いがしていなければ、鍋にあけて水を少量足し、沸騰させないように注意して、温める(最初のうちは温度計を使うといいかも)
G. F.を数時間おきに何回かくり返す。夜などはそのまま放置で。

 画像は、昨日の昼間〜夜に何回か温めて、今日の午前まで放置したものを、さらにもう1回だけ温めて保温し、今日の夕方まで放置したもので、だいたい34時間くらいは経過しています。

 甘さはそれほど強くないので、水を少し多めに入れ、砂糖を少し足して、鍋で(今度はやや熱い状態まで)グツッとさせ、終了させました。そのあと鍋ごと冷水で冷やし、冷蔵庫に移動しました。

 見た感じ「おかゆ」ですので、明日は「食べて」みようと思います。
 糯米を使ったせいなのかどうか、何回も水を足した割には、まったく飲み物のような印象はありません。ずっと「ちまきみたいな味と食感」です(^^;。

 今後も、さまざまな方法で(すでに炊いた米を使うとか、麹の種類を変えるなどして)、遊んでみたいと思います。

 使用したジャーは、おそらくこの商品だと思います。

posted by ちぇり / mikimaru at 21:15| Comment(0) | 日々の雑記

2015年07月21日

恵那川上屋さんのカボチャのプリン「菜果ぷりん(さいかぷりん)」

 どうやらいつも初夏のころに限定販売しているらしい、恵那川上屋さんの「菜果ぷりん」が美味しそうだったので、予約してありました。今日、到着♪

恵那川上屋、菜果ぷりん

恵那川上屋、菜果ぷりん

 ずっしり重く、中はほんとうになめらかな、とろけるようなプリンでした。賞味期限は明日までですが、心配するほどは遅れずに、食べきることができそうです。だって美味しいんだも〜ん(^^)。

参考リンク:
○ 恵那川上屋: 菜菓ぷりん - 季節限定品だと思いますので、お早めに。
posted by ちぇり / mikimaru at 22:45| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2015年07月06日

阿佐ヶ谷のイザラにて

 昨日はひさびさにイザラに出かけてきました。前回は衆院選投票日の投票のあとに出かけたから、半年前ですね。前回の経験から、日曜日はとてもお客さんが少なそうなので、景気づけに…と思って出かけたら、ご予約の方がちょうど盛り上がっている時間帯だったようです。

 でも、ご予約の方のために仕込んだのかな、トマトのファルシを勧めてもらって、とてもありがたくいただきました。

 こちらのお店は、飲み物を注文し1品くらいオーダーした段階で、お店の方が「今日はこんなのありますけど」とおっしゃってくださるので、それをもらっておけばハズレがありません(^^)。

 トマトのファルシ。これそのものはとても味が濃いのですが、横に薄味のライス(バターライスじゃないんですが、何ライスでしょう、聞くのを忘れました)が添えてあって、一緒に食べます。最後はお店の方のおすすめで、トマトのお皿にそのライスを入れ、トマトと合わせて、美味しくいただきました。
阿佐ヶ谷のイザラにて

 これは、ポルトガル風のポテトサラダというお話だったかな。パンが添えてありました。パンも自家製だそうです。ついでに写真にはありませんが、入店時にサービスで少しフォッカッチャをいただきましたが、それも自家製だとか。
阿佐ヶ谷のイザラにて

 自家製クッキー。たぶん右端は、ジューシーなキャロットケーキです。しっとりしているなぁと思ったら、別のお客さんに説明しているところで、耳にはいりました。人参のすり下ろしのほか、ジュースもたくさん入れているようです。
阿佐ヶ谷のイザラにて

 すっごーく熟れているメロンでした。びっくり。これ、注文していないので、サービスしてくださったと思います。すみません(^^)。
阿佐ヶ谷のイザラにて

 家族が以前に高円寺の店で常連だった関係で、今回もなにやら、驚くほどおもてなしいただいて、ありがとうございました。とても家庭的なお店です。

 参考リンク:
○ 阿佐ヶ谷 イザラ - 火曜日以外は営業しているようです。
posted by ちぇり / mikimaru at 15:35| Comment(0) | 日々の雑記

2015年05月26日

最近の活動といたしまして

 ご無沙汰しております(^^;。

 食べ物の画像は毎日撮影し、ほぼ毎日、写真ACというサイトに掲載しています。そちらは説明もなくタイトルだけで掲載できるため、ついついそちらを優先してしまいますが、たまにはこちらにも書きたいとは、思っています。

 お急ぎの方、写真だけご覧になりたい方は、ぜひこちらに遊びに来てください。お待ちしています。
 写真AC - mikimaru
posted by ちぇり / mikimaru at 17:35| Comment(0) | 日々の雑記

2015年05月10日

よもぎパウダーで、パン

富澤商店のよもぎパウダーで、パンを作ってみました。

粉200g(でも自家製酵母で60gくらいは粉が使われているので、おそらく260gくらいの粉)に対し、3gのよもぎ(お湯でふやかして冷ましたもの)をくわえましたが、それで色はこれくらいです。少なめに使ったほうがいいように思います。

よもぎパウダーを入れたパン

レーズンを入れて焼いてみました。周辺は茶色いですが、おそらく内側はかなり緑です。
よもぎパウダーを入れたパン

発酵させているあいだも香りを感じましたので、最終的には、色も香りも、じゅうぶんそうです。
(カットするのは数時間後)
posted by ちぇり / mikimaru at 17:05| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2015年05月03日

山菜おこわ

 木曜日にイトーヨーカドー食品館で手頃な蕨を見つけまして、その晩にあく抜きして、金曜日の昼に山菜おこわにしてみました。

 蕨(わらび)

 グラムは計りませんでしたが、たいした量ではないだろうと思っていたらとんでもない。家に帰って洗ってあく抜きの灰と熱湯をかけたら、大きな平鍋いっぱいになりました。おこわには、半分くらいを使いました。まだ水煮のまま残っていますが、早く使わないと。

 こちらができあがりの山菜おこわ。
山菜おこわ

 ○ 糯米を3合分くらい水につけておいて(気温が高いので、ぬる湯に3〜4時間つけて、そのまま使いましたが、寒い時期はひと晩つけたほうがいいと思います)、
 ○ 蒸し器に蒸し布巾をおいた上に米をおき、20分くらい中〜強火で蒸し、醤油系の調味料(わたしは今回は市販のめんつゆのようなものを混ぜ混ぜして適当に味付けしましたが、面倒でなければお出汁をちゃんととって、醤油で割りましょう)と、カットしたわらびをよく混ぜて、
 ○ さらに10分くらい蒸して、大きなガラスボウルに入れ、混ぜ混ぜしながら少しだけ扇ぎました。できあがり。
posted by ちぇり / mikimaru at 11:20| Comment(0) | 料理

2015年04月12日

アーノルドドーナツ

 新宿高島屋に、アーノルドドーナツが催事で来ていました。高島屋の次は新宿伊勢丹に催事があるそうです。

アーノルドドーナツ

 お店は吉祥寺にあり、場所も知っていますが、買ったことはありませんでした。隣が好きなレストランなのでランチに行くのに、ドーナツ屋は素通りしていて…初めて食べました(^^)。卵を使っていない、フィンランドのドーナツだとか。

 吉祥寺のお店で買い物の際に使えるドーナツ1個サービス(シュガードーナツ)の券をもらいました。

 参考リンク:
○ アーノルドドーナツ
posted by ちぇり / mikimaru at 22:30| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2015年03月31日

練馬区「ノア」のケーキ

 石神井公園に花見に出かけて、帰りに「おかしの家ノア」へ寄りました。ここはケーキも焼き菓子も最高。たくさん買って、まずは生ケーキを撮影してみました。

 モンブランと、さくら。
お菓子の家ノアのケーキ

 どちらかが500円くらい、どちらかが100円くらい安かったような…焼き菓子ほか、たくさん買ったので、あとで明細を見てみるとします〜。

 この「さくら」のほうはフランボワーズとさくらがバランスよく使われていて、口当たりもなめらか。スポンジとムースで数段になっているので彩りもきれい。
 モンブランは、わたしにしては珍しく買ってしまったけれど、最近ほんとうに、モンブランのまずい店が減ってきたように思うんです。わたしが20代くらいまで何度も何度も裏切られてきた「まずいモンブラン」が減って、普通に美味しい「栗のケーキ」が増えてきました。いや、わたしが買う店を吟味しているということかもしれないですが…。
 このモンブランも、栗のクリーム、内側の生クリーム、土台のスポンジと、分量が適度なあんばいで食べやすいです。クリームばかり多くても重苦しいし、スポンジが多すぎても何のケーキかわからなくなりますが、これくらいだと、ちょうどよいです。

 参考リンク:
○ おかしの家ノア
posted by ちぇり / mikimaru at 18:35| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2015年03月21日

マッターホーン(@学芸大学駅近く)にて、ケーキを食べました

 今日は午前にネットで知り合った(といっても年数はかなり以前から)のお友達とそのご家族、わたしを含めて計4人でお茶をしました。楽しかったです。

 これは、そのとき食べたケーキです。バタークリームでスポンジ各種をまとめています。チョコもクリームも、美味しかった♪
マッターホーン(@学芸大学駅近く)で、ケーキ

 このあと、近くのつけ麺屋さん(担々麺が有名らしい)にて、わたしは塩そばをいただき、そのあとこの店にまたもどって、予約しておいたバウムクーヘンとケーキを購入して帰宅。

 バウムクーヘンはとても人気商品なので、午前の早い時間にお願いしておいて、昼過ぎに取りに行きましたが、そのときはもう、完売になっていました。休日だったからなのか、普段からこうなのか、ほんとうに「午前の待ち合わせでよかった!!」と、実感です。

 こうして外でお友達に会えるのは、とても楽しいです。土曜の午前とか、平日の昼間だと、出かけることができますが、平日の夕方以降や日曜日だと、なかなか出かけられず、今日はほんとうに、よいタイミングで出かけられて、よかったです。

 参考リンク:
○ マッターホーン

最近わたしが食べ物写真を掲載しているサイトです(誰でもダウンロード可能)
○ 写真AC - mikimaruのプロフィール
posted by ちぇり / mikimaru at 18:30| Comment(0) | 日々の雑記