2016年03月14日

あんみつ画像

 この1年くらいで食べたあんみつのうち、いくつかを1枚にまとめてみました。
あんみつ画像

 左上は、池袋の西武にある鶴屋吉信で食べたもの。その隣は、吉祥寺に催事で来ていた東京都のどこかの栗あんみつを、家に持ち帰って撮影したもの。右側は、御徒町の「つる瀬」で食べたクリームあんみつ。手前は神戸で食べた「神戸風月堂」のあんみつ。
posted by ちぇり / mikimaru at 11:35| Comment(0) | 日々の雑記

2016年03月07日

神戸に行ってきました

 何年ぶりでしょう、神戸。おそらく阪神淡路大震災より前、大阪で花博があったころに泊まったので、すごく前です。25年くらい、いやもっと?

 今回はバウムクーヘンの集まりがあったので、顔見知りの方も含めて、現地で楽しい時間を過ごすことができました。

 食べたものなど、写真を整理しています。1枚だけ画像を作りました。
神戸で食べたもの、お土産など

 あんみつは、「さんちか」の中にある神戸風月堂のものです。メロンパンは、神戸ご出身の方が教えてくださった、さんプラザ地下のパン屋さん。その上の画像は別のパン屋(コムシノワ)さんの入り口。いかなごくぎ煮のパッケージと、ホテルのビュッフェの画像が左上に。

 神戸、また行きたいです。
posted by ちぇり / mikimaru at 11:45| Comment(0) | 日々の雑記

2016年02月07日

カラベルのチーズプリン

 高円寺駅の2月のスイーツはカラベルというお店で、そこでプリンとチーズケーキ(まだ食べていない)を購入。

 プリンが、けっこう美味しかったです。高いんですが、こってりしていて。
カラベルのプリン

参考リンク:
○ カラベル
posted by ちぇり / mikimaru at 22:35| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2016年01月01日

2016年のおせち

 あけましておめでとうございます。おせち画像です。だいたい7割くらいは自分たちで作った…かな?2016年おせち

2016年おせち

2016年おせち
posted by ちぇり / mikimaru at 14:55| Comment(0) | 料理

2015年12月30日

自作バウムクーヘンにクリスマスデコレーション

 事情で1週間遅れのクリスマスを祝おうということになり、急に思いついて、バウムクーヘンを焼いてみました。まずは完成形の写真をご覧いただき、その次に、材料の話をします。
自作バウムクーヘンでクリスマスケーキ

 今回のバウムケーキについて、土台のバウムクーヘンの配合と、作り方
(注:これはフライパン用の配合です。オーブン用はしばらく作っていないので、今日は書きません)

自作バウムでケーキ(土台)

 ○ マジパン130g(このブログ内のこちら
 ○ 食塩不使用バター55g
 ○ 薄力粉 60g
 ○ 全卵 2個(約120g)
 ○ 砂糖 20g
 ○ ベーキングパウダー 4g

 (A) マジパンと食塩不使用バターを一緒のボウルに入れて、弱く(ほんとうに弱く)電子レンジをかけ、なじませます。
 真夏の場合はこの作業は必要ではありませんし、お時間がある方は、常温で何時間か放置したあとで、根気よく混ぜてください。でも冬は、よわーく電子レンジが便利です。

 薄力粉、砂糖、ベーキングパウダーをよく混ぜておいて、上記の(A)「マジパンとバター」に少しずつ混ぜながら、溶いた全卵を少しずつ交互に混ぜます。

 (混ぜるときは、ホイッパーを使わず、へらなどで)

 フライパンに「最初だけ」油もしくはバターを薄くのばし、できあがった生地を厚すぎない程度に広げます。形はあまり気にしなくて大丈夫です。初回以外は、生地にバターがはいっているので、油を追加しなくても、加工フライパンならばとくに焦げません。

 ひっくり返して、裏側に同じように塗り、ひっくり返して〜のくり返し。

 さすがに最後のほうは厚みも出て、ひっくり返すのが難しい、そして形も崩れます。さらに、やや生のように見える場所もあって、気になってきます。そこで最後の仕上げとして、片方から手を添え、焼いている生地を立てるようにしてサイドをぐりぐりと焼いていくと、形がまとまりますし、生焼けを防げます。

 熱くてそんな作業をするのは危険だと思われましたら、できあがったあとで、周囲を(器具などを使って)切り取ってみてください。

 さて、デコレーション。

 前日準備として
 ○ 生クリーム200ml に対し、ホワイトチョコ 40g (別に普通のチョコレートでもいいですが、色がつきます)
 生クリームとチョコレートを小鍋で沸騰させない程度に溶かし、クリームを容器に入れて氷水などの手段で冷やし、冷蔵庫に入れます。最低でも数時間、できれば、ひと晩。

 (ちなみにこのクリームは200mlで作ったものから3分の1程度しか消費していません。クリームはもっと少なく作っても大丈夫ですが、いちおう売られているものが200mlが多いと思うので、そう書きました)

 (追記:チョコレートを入れる場合の乳脂肪の度数ですが、36%くらいがいいと思います。砂糖とキルシュだけならもっと高くてもいいかもしれません。チョコや練乳を入れる場合は、度数が低めがよいです)

 当日の下準備として
 ○ 用意しておいたバウムに、ジャムで作ったシロップを塗ります。
作り方:ジャム(あまり具がごろごろしていないもの)と水と砂糖を入れて温め、軽く粘りけが出る程度にしたもの
 このシロップは、必ず、温めてまだぬくもりが残っている状態で塗ってください。冷めたらもう個体になってしまって塗れません。

 さて、生地にジャムのシロップを塗ったものに、前日用意していたチョコレート入りのクリーム(緩くホイップしておく)を、お好きな加減に塗ります。内側のバウムがかなりこってりとしていて質感があるので、わたしの場合は、緩いクリームを塗って早めに食べてしまったほうが、たぶん美味しいと思ったわけですが、そこはお好みで。きれいにデコレーションをしたい場合は、きっちりホイップをしてデコレーションしてみてください。

 わたしの場合は、スーパーの製菓コーナーなどで売られているスライスアーモンドを、軽くフライパンで加熱しておいて、サイドに貼りましたが、黒っぽいチョコレートクリームでこれを作られる場合は、コーム(櫛のようになっているカードが製菓用品売り場に売られています)でなぞると、木目のようになって、ブッシュドノエルのような趣になるかもしれません。

 では、召し上がれ〜♪
自作バウムでクリスマスケーキ
posted by ちぇり / mikimaru at 14:45| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2015年10月26日

冷凍生地でパンを焼いてみた

 楽天で前から気になっているお店があり、そこは焼成済みのパンを冷凍で販売するか、もしくは焼成前の生地を冷凍販売していて、いずれの場合でも外国から生地で輸入しているもののようです。初めてですが、買ってみました。

 何種類か詰め合わせのお試しセット(現在品切れ、送料込み2900円)でしたが、その中から、今日はクロワッサンで。ミニサイズです。
冷凍生地のクロワッサン(焼成前)

 他のパンを焼く都合があって、本格的な天板を2枚用意するのも面倒になり、これはオーブントースターなどでも使える簡易トレイです。正直「オーブンペーパーにすればよかった〜」と思います。油と粉では、普段からそういう鍛え方をしていないトレイのため、はがすのがたいへんでした(苦笑)。

冷凍生地のミニクロワッサン(焼き上がり)

 左はわたしの手ごね生地で、プレーンな食パンです。酵母は偶然にできてしまった産物の、美味しいヨーグルト酵母。
 焼きたてパン(右は冷凍生地、左はわたしの手ごね生地)

 さて、明日の朝が楽しみです。

参考リンク:
今回の冷凍生地のお店
○ シェリー・ラパン(楽天市場)
posted by ちぇり / mikimaru at 18:45| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2015年10月06日

中野駅近く「アザミ」でランチ

 コーヒーショップという名前になっているけれど実は洋食が美味しい、プリンも美味と評判の店「アザミ」に出かけて来ました。実は場所は知っていたんですが、以前に計画したときお盆の直前だったか…何かの事情で店休でした。普段はときどき日曜日を休む程度のようです。

 開店の11時〜午後2時半までに入店すると、お得なランチメニュー(通常は1200円前後する単品メニューが、サラダとコーヒーがついても880円くらい)が食べられます。また、それ以降の時間から夕方までは自家製デザートと飲み物のセットが出て、夕方からはまた違うメニューが出る、ということのようです。

 今日は店に到着して着席した時間が2時25分過ぎだったのですが、まだメニューはランチでした。らっきーっ(笑)。

 サラダ、シーフードカレー、コーヒーです。しかもこのカレー、ライスがかなりしっかり盛ってありましたので、男性でもお腹いっぱいになるはずです。

アザミのランチメニュー、ミニサラダ

アザミのランチメニュー、シーフードカレー

アザミのランチメニュー、コーヒー

 おいしゅうございました〜♪ 追加で評判のプリンを食べようかと思っていたのですが、ライスをたいらげるのに精一杯でした。次回は夕方に出かけてプリンを食べたいと思います。
posted by ちぇり / mikimaru at 23:30| Comment(0) | 日々の雑記

2015年09月06日

新橋でタイ料理(カオマンガイ)

 ガイトーンというお店でカオマンガイ食べられるとのことで、出かけてきました。テイクアウトもあるようです。午後1時くらいで、しかも土曜日だったので混雑はなく、普通に着席できました。普段はもしかすると混んでいるお店かもしれません。

 パラパラとしたライスに、蒸し鶏。たまりません。

カオマンガイ(たれをかける前)

 別添えのたれと、パクチーを添えて「いただきます〜」♪
 タイ以外にもアジアに広くこうした料理が伝わっていますが、たとえばシンガポールでは鶏の油をすべて使ってそのスープで炊きあげると聞いたことがあります。でもこのカオマンガイは、その印象よりはとてもあっさりしていました。ライスのせいなのか、作り方が違うのか。とにかく、美味しかったです。
カオマンガイ

 パクチーは、カップに無造作に(入れたというより「詰めた」雰囲気)はいっていて、お代わりもできます。
スープに落としたり、添えたりして、食べました。
パクチー(お代わり可能)

 デザートのマンゴープリンをつけると200円増しなど、若干のバリエーションがありましたが、メインのライスものとしては、カオマンガイのほかにはガパオライスなどが目にはいった程度で、さほどバリエーションはありませんでした。

 カオマンガイは、800円(税込み)で、スープとパクチーがついてきました。

参考リンク:
○ ガイトーン - 新橋のほか、渋谷もあるようです。
posted by ちぇり / mikimaru at 16:10| Comment(0) | ランチ

2015年07月23日

保温ジャーで甘酒(麹)に挑戦

 500mlの容量の広口のジャーを購入しました(西友でだいたい2000円)。保温しながら甘酒というのは、発酵食品ファンのわたしとしては、ぜひとも挑戦してみたいと思っていたところです。

 第一回の画像のみ。まだ味見をしただけです。

 米の粒がだいぶ残っています。糯米を使ったからなのか、乾燥した玄米麹を使ったからなのか、そのあたりは、今後いろいろな組み合わせで実験していくうちにわかると思いますが、初回はこんな感じ。
(茶色いのは玄米麹のためであり、色をつけたわけではありません ^^;)

保温ジャーで甘酒に挑戦

 ネット上で読んだかぎりの甘酒造りのコツは、以下のようなものでした。
○ 60℃で管理する
○ 保温ジャーの場合は、面倒でなければ1〜2回くらい鍋で温め直してジャーにもどす
○ 麹のみで作れば甘いが、米やご飯で作る場合は甘さが足りないかもしれない

 ずぼらなわたしはこんな感じで作りました。
○ だいたい60℃を目標にはするが、おそらく無理なので、ぬくい程度で時間をかけてがんばる
○ 温め直しすること自体はなんでもないので、様子をみながら数時間に1回は軽く温めてもどす
○ 麹のみで作ると原材料代がかかりすぎるので、余っている糯米で作る

 用意したもの
○ 余っていた糯米 (計量カップで100ccあたりのところまで)
○ 水 300cc(だいたい)
○ 乾燥タイプの玄米麹(糯米と同じ量)

A. 軽く洗って水を切った糯米に、水を入れて、ミルクパンで適当に煮る。
B. 柔らかくなってきたあたりで、温度計を用意し、60℃くらいになるまで待つ
C. 温度が60℃くらいになったら、麹を入れて、混ぜる
D. お湯を入れておいて温まっている状態の保温ジャーに移動
E. その段階ですでに温度がかなり下がってしまっているようなら、熱湯すぎない程度の湯を入れてから、蓋

F. 数時間に1回、蓋をあけて確認。妙な匂いがしていなければ、鍋にあけて水を少量足し、沸騰させないように注意して、温める(最初のうちは温度計を使うといいかも)
G. F.を数時間おきに何回かくり返す。夜などはそのまま放置で。

 画像は、昨日の昼間〜夜に何回か温めて、今日の午前まで放置したものを、さらにもう1回だけ温めて保温し、今日の夕方まで放置したもので、だいたい34時間くらいは経過しています。

 甘さはそれほど強くないので、水を少し多めに入れ、砂糖を少し足して、鍋で(今度はやや熱い状態まで)グツッとさせ、終了させました。そのあと鍋ごと冷水で冷やし、冷蔵庫に移動しました。

 見た感じ「おかゆ」ですので、明日は「食べて」みようと思います。
 糯米を使ったせいなのかどうか、何回も水を足した割には、まったく飲み物のような印象はありません。ずっと「ちまきみたいな味と食感」です(^^;。

 今後も、さまざまな方法で(すでに炊いた米を使うとか、麹の種類を変えるなどして)、遊んでみたいと思います。

 使用したジャーは、おそらくこの商品だと思います。

posted by ちぇり / mikimaru at 21:15| Comment(0) | 日々の雑記

2015年07月21日

恵那川上屋さんのカボチャのプリン「菜果ぷりん(さいかぷりん)」

 どうやらいつも初夏のころに限定販売しているらしい、恵那川上屋さんの「菜果ぷりん」が美味しそうだったので、予約してありました。今日、到着♪

恵那川上屋、菜果ぷりん

恵那川上屋、菜果ぷりん

 ずっしり重く、中はほんとうになめらかな、とろけるようなプリンでした。賞味期限は明日までですが、心配するほどは遅れずに、食べきることができそうです。だって美味しいんだも〜ん(^^)。

参考リンク:
○ 恵那川上屋: 菜菓ぷりん - 季節限定品だと思いますので、お早めに。
posted by ちぇり / mikimaru at 22:45| Comment(0) | 【購入】菓子・パン