2011年01月30日

ならスイーツコンテスト

奈良県の地産素材を使ったオリジナルスイーツを発表するコンテストで、昨日が第2回だったそうです。
ならスイーツコンテスト - 公式サイト

午前の一般の部では
○ どら茶
ほうじ茶のどら焼きらしいです。
○ ぽっかぽか
ほうれん草とブルーベリーのバターサンド…? 見たいかも。。。

午後のプロの部では
○ ほろよい梅
梅の粕漬けケーキだそうです。
○ ナゴリユキ
甘酒の甘さに醤油のアクセントがついた、あられ雪と三輪そうめんの食感…? 見たいかも。。。

こういう、地域ならではの企画は、きっとたくさんあるんでしょうね。楽しそうです。
posted by ちぇり / mikimaru at 23:45| Comment(0) | 食品関連ニュース

2011年01月21日

ブリが記録的な豊漁

先日どこかのテレビ番組でやっていたのですが(ミヤネ屋みたいな感じの番組です)、ブリがとてつもなく豊漁だそうです。

47news
ブリ豊漁止まらず「こんな量初めて見た」 昨年の333倍
> 今年に入り、七尾でブリの記録的豊漁が続いている。七尾市公設地方卸売市場には12日、約4200本(37・8トン)が入荷され、同日までの取扱量は200トンと、昨年1月全体の333倍に。

ほかにもいろいろニュース記事があります。
Google news: ぶり豊漁

先日、ちょっとお得なブリのアラを買った気持ちでいましたが、もっともっとお得なものに出会えるかもしれないということですね。よし、また近日中にぶり大根だっ(^^)。
posted by ちぇり / mikimaru at 23:45| Comment(0) | 食品関連ニュース

2010年11月18日

米飯で糖尿病リスク…?

数日前でしたか、米飯の食事が多い女性は少ない女性にくらべて糖尿病のリスクが高いことが(以前からあった話ですが)、厚生労働省研究班によって正式に関連づけされ、発表されたというニュースがありました。

mainichi.jp
糖尿病:米飯多食で女性のリスク増? 1日4杯→1杯の1.81倍
 米飯を多く食べる習慣がある女性は、あまり食べない女性に比べて糖尿病になる危険性が高いことが、厚生労働省研究班による日本人対象の大規模調査で明らかになった。日本人の米飯と糖尿病発症の関連が分かったのは初めてという。米臨床栄養雑誌に発表した。

 調査は、全国8県に住む45〜74歳の健康な男女約計6万人を5年間追跡した。


米飯中心の食生活は糖尿病のリスクがあります。これは、いまに始まった話ではありません。昔から日本人は糖尿病になりやすい体質の人が多かった。ではなぜ最近になって問題が表面化する機会が増えたかといえば、昔の人より食べる米の量が減っていても、運動量も同時に減っていることが大きいでしょう。それから、ビタミンが豊富な野菜のおかずより、こってりしたおかずを好む傾向も、昔より強まっているはず。

わたしは以前に糖尿病関連の情報に触れる機会があり、本も読みましたし、栄養士さんからお話を伺う機会もありました。米飯だパンだということではなく、適切な量の食事をバランスよく摂取し、適度に運動をすることで、糖尿病のリスクは減らせるはずです。

また、個人的にはビタミンBが豊富に含まれた食材をオススメします。炭水化物を食べたあとそれを分解してエネルギーにするのに、ビタミンBが使われていますから、これが不足しないように気をつけることで、代謝が適切におこなわれると思います。
posted by ちぇり / mikimaru at 23:55| Comment(0) | 食品関連ニュース

2010年10月29日

日本ハム、贈答用の商品をすり替え

日本ハムが、去年のお歳暮と今年のお中元の商品について、在庫が足りなかったらその場にある別商品を詰めて発送していた事実を発表したそうです。痛い、これは痛すぎる。

それでも、もっと嫌だなと思うのは、朝日新聞の見出しです。
中元・歳暮の中身すり替え…でも8割は高級に 日本ハム
……高くしたなら、あまりがたがたいうことでもないかというニュアンスが感じとれますが、値段の問題ではないはず。担当記者さんの発想が見出しに現れているような。。。

値段の高い低いじゃないですね、ギフトは。贈る方はボンレスハムをわざわざ選んでいて、届いたのがロースハムだったら、それは違うものなんです。

さらにですね、こちらにあるお詫び資料(PDF) → 日本ハム
これがなんだか「悪かった」という気持ちが伝わってこない。お詫びというより報告のように感じます。たしかに、資料を作った人が詰め替えをした人ではありませんが、これはあまりに事務的で、謝っている感じが伝わりません。

つい先日、アンティエが大好きと書いたばかりなのに。。。残念な会社です。
posted by ちぇり / mikimaru at 22:55| Comment(0) | 食品関連ニュース

2010年10月21日

もったいないぞ、カルピス社

ネット上のいくつかの新聞記事で見ましたが、カルピス社が今月25日から発売予定だった「ウェルチ 芳醇グレープ」の発売をとりやめたそうです。理由は、JAS規格の「ジュース」の定義を勘違いしていて、果汁と発酵果汁を混ぜてもジュースと名乗れると思って準備を進めていたからだそうで、それならばジュースと名乗らず、別の表現で売ればいいのでは。。。?

産経ニュース
カルピスが「ウェルチ」芳醇グレープの発売中止

参考までに、発売のプレスリリース記事(日経プレスリリース)
カルピス、グレープ果汁飲料「『Welch's』芳醇グレープ」を発売

商品に欠陥があるわけではなく、味はきちんと研究した成果で美味しいでしょうし、生産も進んでいて原材料の確保やさまざまな手配がすでに終わっているはずです。飲み物を無駄にして、開発や流通の関係者を泣かせて終わりにするのではなく、最後まできっちりと商品を世の中に出してこそ食品企業なのではと、つい考えてしまいます。
posted by ちぇり / mikimaru at 23:35| Comment(0) | 食品関連ニュース

2010年09月13日

ネット上のお店ガイド

ネット検索でケーキ屋さんなどの店名を入力すると、食べログというサイトがけっこう引っかかることが多いと思いますが、みなさんも利用されていますでしょうか。

便利かもしれませんが、お店がなくなっても掲載をしつづけるのはどうなんだろう、と思うことがあります。近所のケーキ屋さんが2年くらい前からなくなっているのに掲載がつづいているのが気になっているんですが、ほかにもそんな例はあるのでしょうね。。。? このサイトだけを見て、閉店や移転に気づかずに出かけてしまう人がいたら、気の毒だなぁ。

中には「閉店」という文章を追加しながらも電話番号を消さないとか、すごく危うい情報が載っているように思います。閉店ということがわかっているなら電話番号くらい消さないと、問題ではないのでしょうか。。。

ところで食べログの親会社kakaku.comが、訴訟を起こされたようです。

うちの店載せないで 佐賀市の飲食店「食べログ」提訴
 訴状などによると、食べログには今年3月、店の外装やメニューの写真などが利用客によって投稿、掲載された。店には連絡はなかった。それ以降に店の外装やメニューは変わったがサイトの内容は更新されず、客に誤解を与えるとして削除を再三依頼したが拒否された。

 経営者は、店のホームページを開設し、情報を発信しているが、同店をネットで検索すると、食べログの方が上位に表示され、「正しい情報が伝わりにくく、客も従業員も戸惑う。実情と違う内容がそのまま残される。個人のブログならまだしも、食べログはビジネスでやっているだけに影響がある」と話した。

ちょっと、お店の人のほうに同情したくなるなぁ。正確な情報が載っていてほしいのはユーザの気持ちでもあるわけだし。
posted by ちぇり / mikimaru at 22:35| Comment(0) | 食品関連ニュース