2018年07月05日

赤飯を、蒸し器で

 たまに作る赤飯です。昔はめでたいことがあると食べるなどと言われましたが、美味しいから、めでたいかどうかに関係なく、食べたいですね(笑)。

蒸し上がった赤飯

 これは500gの糯米で、蒸し器で作りました。
(500gというのは、だいたい3合ちょっとです。1kgの糯米を買ってきて半分使いました)

 前の日から準備が必要ですが、時間がない場合は、下の過程を「ぬるま湯で」おこなえば、数時間でできます。

 まず、ささぎ(ささげ)を50g用意して、ゆでます。(豆の話は、最後に)

 汚れをおとす意味を兼ねて、最初に3分ゆでて、お湯を捨てて、弱火でゆでなおします。20分以上したところで、ゆで汁の色が濃くなってきたら、豆と汁を分けます。汁を急いで冷まして(鍋の周囲に水を張るなどして急いで冷まし)、研いでおいた糯米に、水とそのゆでた汁を一緒に入れて、色を付けるため1晩寝かせます。ゆでた豆のほうは冷蔵庫で保管。
 真冬ならば多少は汁が温かくても大丈夫かもしれませんが、夏はかならずきちんと冷ましてからにしてください。ぬるい汁に半日も浸けておいたら糯米が傷んでしまいますので…。この暑さのため、わたしは念のために浸けた糯米に蓋をして、その蓋の上に保冷剤をおいて寝かせました。用心に越したことはありません。

 急いでいるときや、真夏であれば、数時間前にぬるい状態でつけこめば、作れるかと思います。

 蒸します。
 まず、蒸し器に蒸し布をおいて、米を平らにし、布をかけて強めの火で5分くらい。そのあと中火にして15分くらい。いったん火をとめて、布をめくって(布も熱いけれど蒸気も危険なのでトングなどの器具を使うと無難)、前日にゆでていた豆を米に混ぜます。そしてさらに中火(やや弱めの中火)で10分。火を止めてからそのまま10分くらい放置して、火傷をしないように気をつけて布ごと大きなボウルにとり、布をはずします。できあがったおこわをしゃもじでよく混ぜて、数分くらい空気にふれさせてから蓋をします(直後に蓋をするとたぶんべしゃべしゃになるかと…?)。

 ごまと塩をかけて、召し上がれ〜。

===
 ささぎ(ささげ)のこと。


 わたしはこれを使いましたが、国産でなければ、もうちょっと安いかな。画像は楽天の富澤商店さんのものですが、実店舗や、お店の公式サイトからも買えます。

posted by ちぇり / mikimaru at 12:15| Comment(0) | 料理

2017年12月31日

2018年もよろしくお願いします

 左上が、お昼に食べた年越し蕎麦。家にあった材料を適当に揚げてみました。それ以外は、今日の夕方までに作ったお重です。かまぼこ、昆布巻き以外は、ほとんどは作りました。

2017年の年越し蕎麦、2018年のおせち


 2018年も、よろしくお願いします。
posted by ちぇり / mikimaru at 21:35| Comment(0) | 料理

2016年01月01日

2016年のおせち

 あけましておめでとうございます。おせち画像です。だいたい7割くらいは自分たちで作った…かな?2016年おせち

2016年おせち

2016年おせち
posted by ちぇり / mikimaru at 14:55| Comment(0) | 料理

2015年05月03日

山菜おこわ

 木曜日にイトーヨーカドー食品館で手頃な蕨を見つけまして、その晩にあく抜きして、金曜日の昼に山菜おこわにしてみました。

 蕨(わらび)

 グラムは計りませんでしたが、たいした量ではないだろうと思っていたらとんでもない。家に帰って洗ってあく抜きの灰と熱湯をかけたら、大きな平鍋いっぱいになりました。おこわには、半分くらいを使いました。まだ水煮のまま残っていますが、早く使わないと。

 こちらができあがりの山菜おこわ。
山菜おこわ

 ○ 糯米を3合分くらい水につけておいて(気温が高いので、ぬる湯に3〜4時間つけて、そのまま使いましたが、寒い時期はひと晩つけたほうがいいと思います)、
 ○ 蒸し器に蒸し布巾をおいた上に米をおき、20分くらい中〜強火で蒸し、醤油系の調味料(わたしは今回は市販のめんつゆのようなものを混ぜ混ぜして適当に味付けしましたが、面倒でなければお出汁をちゃんととって、醤油で割りましょう)と、カットしたわらびをよく混ぜて、
 ○ さらに10分くらい蒸して、大きなガラスボウルに入れ、混ぜ混ぜしながら少しだけ扇ぎました。できあがり。
posted by ちぇり / mikimaru at 11:20| Comment(0) | 料理

2015年01月30日

鴨だんご鍋

 楽天ポイントがあったので、鴨肉とか食べたいなぁと検索していたら、鴨肉と鴨だんごと濃縮スープがついたセットが送料込みで2040円。ついでに別の鴨だんごも購入して、2540円でポチッ。

 翌日すぐに発送されて、今朝到着しました。
鴨だんご鍋の具

 鴨肉、鴨だんご1パックと、スープ半分を使って、白菜とキノコなどと一緒に煮て、盛りつけました。
鴨だんご鍋

 いい出汁です。美味〜。肉団子も美味ですが、おそらく濃縮スープと肉、肉団子が、相乗効果で美味しくしているのでしょうね。

 思いがけず、お買い得でした。寒い日にぴったり。

参考リンク:
○ 今回の商品
posted by ちぇり / mikimaru at 20:25| Comment(0) | 料理

2014年05月24日

焼きそば(ジャガイモ入り)

 子供のころ、焼きそばといえば、無条件でジャガイモ入りでした。家で作るのも、縁日の屋台で売られているのも、みんなそうでした。インターネットのおかげで地方の食べ物が注目されてきたので、東京では「ポテト入り焼きそば」と言えば、通じる場合もあるけれど、やはり珍しいみたいです。

 ここでは、あえて「焼きそば」と書きます。

 まず、準備。

 「ポテト」を作ります。この「ポテト」というのは、ふかしておいたジャガイモざく切りとキャベツなどの野菜を、ソース味で炒めたもののことで、料理名です。
 ここでは豚肉を入れましたが、「ポテト」に肉がはいるものなのかどうか、忘れてしまいました(笑)。

 (このジャガイモは、新じゃがなので、皮ごと洗ってざく切りにし、耐熱容器で500W 数分で、やわらかくしてから炒めてあります)

「ポテト」(料理名)

 わたしの田舎(北関東の某市、日本最古の学校がある街なので検索してください)では、軽食屋さん、もんじゃき屋さんなど鉄板のあるお店で「ポテト」といえばこれがでてきて、「焼きそば」というと、「ポテト」を作る要領で炒めはじめた途中から、麺を足して焼いていたような気がします。もっとも、わたしの幼少時なので40年近く前の記憶です。いまはわかりません。

 この「ポテト」は、たまたま家にあったブルドッグソースの中濃で炒め、そして下のできあがり画像にある麺は、おたふくの焼きそばソースで炒め、途中で合わせて、おたふくを足しました。そのほか、ちょっとだけ気分で調味料を入れていますが、原則としてソース味です。

 焼きそば(ポテト入り)

 できあがり。

 ちなみに某市では、月星ソースというのが有名らしいです。

 参考リンク:
○ 月星食品 - 通販あり
posted by ちぇり / mikimaru at 14:15| Comment(0) | 料理

2014年01月18日

南瓜とサツマイモ

 ちょっと事情があって、土曜日には南瓜とサツマイモを煮ることが多いです。
南瓜とサツマイモ

 これは、一緒に煮ます。子供のころ、うちの母が近所の人に聞いたとかで、「南瓜を煮ているとき、うっかり忘れてしまっても、サツマイモと一緒だと吹きこぼれないんだって」と言い出して(←その信憑性はわかりません)、それから一緒に煮るようになったので、わたしもつい、一緒に煮てしまいます。

 でも、母が煮ていたような、吹きこぼれるほどたくさんの煮汁を使った煮物ではなく、わたしはかなり少なめの水分で、ときどき箸で上下を移動させるように煮ているので、どのみち鍋のそばから離れるなどということはありませんし、吹きこぼれることも、もともとありません。
posted by ちぇり / mikimaru at 21:30| Comment(0) | 料理

2014年01月09日

あまり生地でキッシュを焼く

 先日のガレット・デ・ロワの2番生地で、キッシュを作りました。

あまり生地でキッシュ

あまり生地でキッシュ

具も生地もあまりものだらけですが、冷蔵庫の整理にもなります♪
posted by ちぇり / mikimaru at 11:20| Comment(0) | 料理

2013年12月31日

おせち、できました

今年は、この画像に出ているもののうち、昆布巻きとかまぼこ以外はぜんぶ作りました(エヘン ^^;)。
ほかにも、画像に出ていないけれど、買ったものもあります。

おせち(一の重) 2014

おせち(二の重) 2014分

おせち(三の重) 2014分

この本、今年もお世話になりました♪

posted by ちぇり / mikimaru at 21:45| Comment(0) | 料理

2013年12月23日

ローストチキン 2013

今年のローストチキンです。丸鶏は西友で昨日購入、 780 円(解凍品)でした。いちおう国産、800gです。
中にピラフのような味わいのあっさり焼き飯を入れてみました。
ローストチキン 2013

解体したところ。
ローストチキン 2013

参考レシピ:
つけ置きの参考は、今年もこちらの本で♪

posted by ちぇり / mikimaru at 22:05| Comment(0) | 料理