2019年04月21日

rebake.meからパンを通販

 パンの通販で2回ほど利用してみたのが、rebake.meというサイトです。ほとんどのメニューが、あまったパンを発送する「ロスパン」というもので、パン屋さんを助けて廃棄を減らそうというその姿勢に、好感が持てます。送料はしっかりとられますが、パンは金額より多めに入れてくれる店がほとんどです。全体的には、お得感(わくわくする気持ちも含めればそれ以上)があります。

 何が、いつころ到着するかわからないドキドキ感が、わたしは気に入っています(笑)。

 1軒目、今月の上旬に到着した埼玉のお店です。上の段は、到着時。
rebake.meからパンの通販

 こちらは数日前に到着した2軒目、茨城県のお店です。右下が、ひろげてみたところです。
rebake.meからパンの通販

 次に注文する店も、もう決めています(^^)。

 
posted by ちぇり / mikimaru at 11:10| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2019年03月14日

上板橋駅近く「石田屋」

 今日は普段はあまり出かけない方角に用事があり、途中で上板橋駅の近くを歩いたのですが、石田屋さんという和洋菓子店の人気がすさまじく、中の様子をうかがおうにもショーケース前に人が並んでいて、つい一緒に並んでしまうという状態。お客さんはショーケース前に並んで商品を見ながら注文してお会計するという、まるで菓子業界のサブウェイかとと思わされる賑わいでした。わたしも、つられてふらふらと並んで、買ってきました。
 なにせ次の用事まで時間が迫っており「ここに並んで大丈夫か」という不安もあったくらいでしたが、お店の方々のテキパキとした応対で、どんどん客がさばけていく。さすがです。

 お饅頭類(日持ち5日)をバラ買いで購入したほか、当日中に食べよという洋菓子の「チーズサンド」(ブッセ)を2個買ってきました。どれも100円台のお値段で、数は全体でけっこう買ったというのに、1540円しかかからなかった。びっくり。
上板橋「石田屋」

 見てください、この原材料。これだけです。それにブッセの弾力。いや〜、また用事を作ってでも買いに行きたいお店になりました。ちなみにかなり人気が高いらしいどら焼きは、昼過ぎに通りかかった段階では、すでになくなっていました。
 洋菓子のショーケースを見て「ロールケーキのサイズ違いは、ないの?」と声をかけるお客さんに「いまお作りしますのでお時間かかります」と答える店員さん、てっきり30分とか言うのかと思ったら「5分くらい」…手際よさがすごい(^^)。

 参考リンク:
○ ひと本 石田屋 - 公式サイト
posted by ちぇり / mikimaru at 18:25| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2018年12月18日

最近の焼き菓子(3軒分)

 バウムクーヘン関連は専用サイトやツイッターのほうに載せていくので、今日は焼き菓子を。

焼き菓子(3軒分)

 右側の縦長部分が、わたしが今月頭に購入した岡山県「ロマラン洋菓子」店さん。こちらのお店は何度も購入しているので「焼き菓子を合計12個で、おまかせで」とお願いしたら、到着しました。おまかせでと言っておきながら、ブッセ、バウム、シュトレン(カット)は絶対に入れてとか、けっこううるさい客ですね(^o^)。

 左側の画像でも、1枚はロマランさんのブッセです(上から2番目)。塩バターのブッセ、美味しかったです。

 ほかは、北海道「年輪舎」さんのブッセ(珈琲の芳醇な香りがするすばらしいお味)と、バターもちの画像が左側にはいっています。ちなみに年輪舎さんはオンラインのメニューにブッセはまだありません。メニューにないなぁ、ブッセが食べたいなぁとお店の方にお願いして、送っていただきました。

 左側中央の黒っぽいクッキーと、濃い色のパウンドケーキは、国立にある「BORTON(ボートン)」というお店のもので、お友達がお裾分けで送ってくださいました。とてもしっかりとしたお味で、近くにあったらぜひ買いに行きたいと思えるお味。

 この写真のもののほか、つい最近にバウム友さんからバウム2種を送っていただき、ただいまお菓子が潤沢です。幸せです。
posted by ちぇり / mikimaru at 12:45| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2018年11月22日

レザネフォール(中野)の焼き菓子

 中野区の新井薬師前(西武新宿線)の近くにあった季の葩(ときのは)というお菓子屋さんが春に閉店し、翌月にレザネフォールの中野店としてオープンしていたことを、最近まで知りませんでした。レザネフォールになってからも姉妹店のような扱いらしく、会員カードをそのまま使えるらしいということが、食べログに書かれていました。

 さて、新井薬師前の界隈は、実はよく歩いています。ですが駅前から大通り方向に歩くことはあまりなくて、商店街(あいロード)などを抜けて早稲田通り方向に行ってしまうことが多く、季の葩がなくなっていたことも気づかなかったのです。最近になって気づいたので、昨日の昼ころに出かけてみました。

 焼き菓子を購入しました。1枚にまとめてしまいましたが、写真右下にあるカヌレのみ、お早めにお召し上がりの表示で、ほかは1〜2週間程度の日持ちです。
レザネフォール(中野)の焼き菓子

 お店の雰囲気は高級になっていて、季の葩のころの「ややクラシック」な路線は、あまり残っていませんでした。季の葩のころはおやつ的なケーキやシュークリームがあったほか、バタークリームのデコレーションケーキなども店頭で(とくに予約しておかなくても)購入できましたが、ショーケースを見るかぎりでは、家庭向けというよりは「自分にご褒美系」の印象。

 ただ、個人的には、ショーケースの上にもところせましと積んであったパイ類、カヌレ、クグロフなど、目移りしそうなほどの焼き菓子には、大満足です。

 お店の外観は、季の葩のころと、あまり変わっていません。ただ「遠くから目立つかどうか」で考えると、近くに行ってみて「あ、菓子店」とわかる程度です。以前は遠くから見える緑の看板が舗道ぎりぎりに出ていましたが、昨日は、もし看板が出ていたとしても明るい色ではなかったです。

レザネフォール(中野)

参考リンク:
レザネフォール
posted by ちぇり / mikimaru at 12:40| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2018年11月16日

「パティスリー タツヤササキ」

 わたしはファーブルトンとカヌレが大好きです。そしてクロワッサンも大好き。これがすべて買えるお店が、阿佐ヶ谷のタツヤササキです。阿佐ヶ谷駅から近いのですが、大通りである中杉通りではなく、古い旧中杉通りにあります。余談ですが旧中杉通りは有名なジェラートの店や個性的な商店も多く、散歩におすすめです。

 タツヤササキは西八王子のお店につづく2店舗目ですが、クロワッサンは、阿佐ヶ谷店にしかありません。
パティスリータツヤササキパティスリータツヤササキ

 クロワッサンは、弾力があって理想的なものですが、なんと、たった162円!! びっくりしました。
 ファーブルトンとカヌレは荻窪駅入り口の催事販売で以前に買ったことがあり、美味しかったのはわかっていました。変わらぬお味です。ほかにも焼き菓子を少し買ったので、あとで食べてみます。
posted by ちぇり / mikimaru at 10:15| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2018年10月11日

最近のおやつ(練馬区、中野区、杉並区)

 あまり掲載していなかった画像を、まとめて。

 練馬区、かすたねっと。このマドレーヌのほかに、まだ食べていないレモンウィークエンドがあります。素材自慢の素朴なお店で、練馬区の北口を出て細い商店街(アルカションがある通り)をまっすぐ行ったところにあります。
練馬区「かすたねっと」
 お値段も控えめ設定です。

 こちらは、野方駅北口を出てすぐ、踏切を渡ってコンビニの次の路地を右折したところにある「西洋菓子屋」さんです。公式サイトはありません。そこに店があると知らなければ、普段は利用しない道でした。店があると聞いて、半信半疑ではいってみたら見つけたのがきっかけ。今回は2回目ですが、お味がしっかりとしています。
 中野情報サイト内 → 西洋菓子屋

野方北口「西洋菓子屋」

 こちらは高円寺駅を北方向に歩いたところ(庚申通り商店街 こうしんどおりしょうてんがい)にある、フロレスタさんです。たまにですが、ドーナツを買います。

 これは、ホワイトチョコのコーティング。
フロレスタ(高円寺)のドーナツ

 こちら、なんだったか…アメリカンショートヘアだったか、とにかく猫の名前でした。
高円寺「フロレスタ」のドーナツ

posted by ちぇり / mikimaru at 12:20| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2018年04月20日

中野の大判焼き、九段下のゴンドラ

 今年は桜が早かったですね。たしか3月下旬に用事で出かけたときの写真です。千鳥ヶ淵のほとりにある昭和館の展示を見た帰りに、丸いパウンドケーキで有名なゴンドラでお買い物。

 ゴンドラは、缶入りの丸いものは10日間程度の日持ちと書いてあったような気がします。カットは数日中にとのことでした。ほかに焼き菓子などを購入。

九段下「ゴンドラ」と千鳥ヶ淵の桜


 こちらは月に1回くらい購入する、中野北口の「れふ亭」です。北口を出てすぐなので、そして10人くらいは人が並んでいるので、すぐわかります。

中野北口「れふ亭」

 その場で焼いているので、持ち帰って食べてもまだ温かいです。
posted by ちぇり / mikimaru at 13:05| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2017年12月08日

中野区(都立家政)のパン

 今日は都立家政の駅周辺を少し歩きました。

 1枚の写真にまとめてしまいましたので、左側のお菓子と、その下のパン。これは都立家政の駅を少しだけ北上して薬局がある十字路を左折して数分歩いたところにある「ボンボヌール」さんです。金曜日と土曜日以外は普通の民家さんですが、金、土にお店になります。日曜日に営業していることもあります(1週おきくらい?)ので、ブログなどで日付を確認しましょう。
 いつか寄ろうと思っていたのですが、今日はパンを2個と、この写真のクッキー(家の形をした右側のもの)を購入してきました。パンは焼けているものをお店の人が奥から出して見せてくれました。
 ほかの方々のブログを拝見すると、時間帯によってはお菓子類もあるようです。
中野区(都立家政)界隈のパン
 右側は、先ほど書きました薬局の向かいにあるお店です。看板は出ていませんが、野菜やコストコの商品(マフィンやテーブルロール)をおいています。こちらも気になっていたので、今日はマフィンを買いました。
 下の2枚は、都立家政と鷺宮の駅のあいだにある、アンミュールさん。近づいて中を見るまでパン屋さんにはちょっと見えません。何度も通ったことがあるのに1か月くらい前にやっとパン屋さんだと知り、それ以来よく買いに行っています。写真は別々の日のものなので看板の内容は違いますが、原則としてカレーパン、あんパンなどが美味。それから早めの時間なら、種類別に食パンがあります。
 ちなみに、鷺宮と都立家政の駅の間は徒歩数分なので、どちらの駅からでも余裕で歩けます。お散歩ついでにどうぞ。

 都立家政は駅の南側商店街に「まい・ばすけっと」ができたのですが、その斜め前(まい・ばすけっとから見て南側の細い道)に、「アネモネ」さんというパン屋さんもあります。

参考リンク:
○ ボンボヌール (公式)
○ 街らぶ サイト内「アン・ミュール」 (紹介サイト)
posted by ちぇり / mikimaru at 15:35| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2017年10月07日

中野区野方界隈のパン屋さん2軒

 野方駅北口の商店街をまっすぐ歩いたところにあるNogata Bread Factoryさんで、昨日(10/6)に買い物しました。向かいの100円ショップ「シルク」にはしょっちゅう買いに出かけているのですが、お向かいのこちらは定休日などに重なることが多く、いつも「あぁ惜しい」と思いながら通り過ぎていましたが、やっと買えました。
ノガタブレッドファクトリー
 帰り道に一部を食べてしまったので、パンの画像はほとんど残っていません。お店の人にとっていただくタイプのパン屋さんで、時間帯によって商品が違うらしく、わたしたちは小さめの商品を中心に買いましたが、そのあとから来た人は常連さんなのか、食パンを出してもらっていました。次は食パンやバゲットの焼き上がり時間を調べてから出かけようと思います(笑)。

 こちらは今日(10/7)に購入した、月3回営業の小さなお店kinakinaさん。こちらは普段は民家です。わたしはよく前を通りますが、土曜日には通らないことが多く、何年も前から知っていたのに、今日まで購入のチャンスがありませんでした。
 お店の人が、写真を撮ってもかまわないとおっしゃったので(あまりにも民家っぽいので、撮ってはいけないかと思い、おそるおそる尋ねてしまいました ^^;)、撮影してきました。
パン屋さん「kina kina」
 野方駅からも、都立家政駅からも、どちらから歩いても10分以上あります。妙正寺川のほとりにある中学校の近くです。

 なお、今日は載せませんが、ときどき購入している野方駅近くのパン屋さんには「ナユタベーカリー」もあり、こちらも個性的でおすすめです。
posted by ちぇり / mikimaru at 18:25| Comment(0) | 【購入】菓子・パン

2017年03月17日

岡山で美味しいモンブラン

 広島と岡山に出かけてきました。もとはといえば、広島そごうの「バウムクーヘン博の初日午前に現地にいたい」という強い思いがあったわけですが、それに合わせて前日午後から広島入り、その日はパン屋さんめぐりや、デパートなどで買い物をして、翌日早朝に広島平和記念公園と広島城界隈の散歩、そして午前にバウムクーヘン博に寄って、午後から岡山…というスケジュールでした。
 そしてバウム博も無事に見ることができて移動し、午後1時ころの岡山到着後すぐに、バスでボンヌ・マリーさんというお菓子屋さんに移動。お店で少しパンを買ってから、自分の分とお友達の分のバウムクーヘンまとめ配送をお願いして料金を支払い、またバスに乗り、駅前にもどって、JRで倉敷へ移動して美観地区を散策−−その後また岡山駅前にもどってホテルにはいり、夜は出歩かずに体を休めて翌日朝に岡山後楽園を散策して、昼過ぎに東京にもどる、という具合です。かなり歩きました。
 そして最終日は、広い後楽園を散策のあと、念願のロマラン洋菓子店さんに行くことができました。

 バウムクーヘン関連や各地の写真、そしてボンヌ・マリーさんのバウムは、別ブログもしくは別の日付で書きたいと思いますが、今日のところは、ロマラン洋菓子店さんをご紹介します。バウムクーヘン博のおかげで出かけることができて、よかったです。

 東京の狭い道路沿いを歩くことに慣れている東京人として、岡山の駅近くの道は、そしてこの後楽園近くの道は、どこも広くて、車もビュンビュン通っています。その道沿いに、ロマランさんはありました。
ロマラン洋菓子店(外観)
 外観がとても白くて印象的。そして、この見た目から想像するよりは、店内が広いです。喫茶のテーブルも用意されています。

 以前から何度もバウムクーヘンや焼き菓子、シュトーレンを注文していて、ネット上では親しくさせていただいているお店ですが、実際に寄るのは初めて。日付は伝えてありましたが、ご不在か、もしくは手が一杯かもしれないので、すぐ失礼できるよう、買い物を済ませて最後におつりをもらうタイミングで「ご挨拶したいのですが」と、そっと尋ねてみました。すると奥からお店の方(おそらく奥様かと)が出ていらして、テーブルにどうぞとお声がけくださり、え〜っ、緊張(^^;。
 幸い、新幹線までは時間があったので、コーヒーと和栗のモンブランをいただくことに。
和栗のモンブラン

 わたしはこれまであちこちに書いていますが、数年前まで、モンブランが食べられませんでした。とくに、この肝心の、外側の「もじゃっ」とした栗の部分が苦手で…。なんというか、原因はわからないのですが、洋菓子としてクリーム状になった栗と、和菓子でも甘さが強い場合の栗餡は、エグさのようなものが出てしまって、舌に突き刺さるような妙な味がすると思ってきました。

 ところがこの数年になって食べる機会のあった「和栗のモンブラン」というのは、どの店のものも、たいてい食べられるのです。また美味しい栗の和菓子を食べる機会が増え、砂糖と栗だけの岐阜銘菓「栗きんとん」なども、美味しく食べています。これはわたしの味覚が変わったわけでも、菓子屋さんの作る方法が変わったわけでもないと思うのですが、とにかく最近のものは、食べられます。

 苦手になった原因を想像するに、何十年か前の、わたしが栗の洋菓子を食べられなかったころは、元になるマロンクリームの仕入れ元のような店が限られていて、その大元の市販品(お店で生クリームなどを加えたりする前の大元の商品)が、わたしに合わなかったのかな、という可能性も。いまはいろいろな市販品が出ているでしょうし、中には潰しただけの栗を仕入れている丁寧なお店もあるでしょうし、さらにまた、職人さんの腕や、業界の全般的な製菓技術も大きく向上していますし、いつまでも昔の苦手意識を持っている場合ではないのですよね。だから度胸を出して「和栗のモンブランください」と、言える回数が増えてきました。

 さて、前置きが長くなりましたが、ロマランさんの和栗のモンブラン、とても上品で、栗の味もしっかり楽しめ、美味しかったです。全体の固さのバランス(ケーキを食べていてすっと同じ手の力加減でフォークがはいるかどうかというのは、けっこう大事)もよくて、食べやすかったです。

 少し食べてみた断面。内側に栗がごろっと、はいっていました(^^)。
 和栗のモンブラン

 お仕事中にお邪魔したにもかかわらず、最後には、ちょうど焼けたところだというお土産まで(^^)。
クロワッサン
 クロワッサンは、パンの中でもとくに好きなので、もう、目がきらきらになってしまいました。しかも焼きたて。ありがとうございます。

 岡山はとてもよいところで、食べ物も美味しいし、またぜひ出かけてみたいです。
posted by ちぇり / mikimaru at 21:20| Comment(0) | 【購入】菓子・パン