2011年02月02日

ニュース:天然のウナギの卵発見

朝日新聞によると
天然ウナギの卵発見 世界初、完全養殖実用化へ期待
ということで、このところウナギの話題が明るいですね。日本人はウナギをたくさん食べるので、育てて日本に売るため、各国でも稚魚の乱獲が著しく、問題になっています。少しでも「卵からの養殖」の可能性が広がるのは、いいことです。

それにしても、これはもう張りこみの執念としか、言いいようがありません。
孵化(ふか)するまでの間、海中に卵の形で漂うのはわずか1日半とわかっている。チームは過去の調査データから、産卵が新月のころに行われると推定。集中的に調査した。世界のウナギ19種・亜種のうち、天然の卵の発見は初めて。

つまり、卵になってから36時間以内のものを、採取したわけですね。
posted by ちぇり / mikimaru at 23:55| Comment(0) | 食品関連ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。