2021年02月24日

洋梨と栗のタルト

 栗のクリームは、以前にまとめ買いしたマロンパウダーを使っています。色は茶色いけれど、チョコレートははいっていません。

洋梨と栗のタルト

 右下: 底は薄く、縁を厚めにしたタルト生地を、冷蔵庫で少し休ませる。
 右中: タルトストーンを敷いて190℃で15分
 右上: タルトストーンを外して5分
 左下: 用意しておいた栗のクリーム(白いつぶつぶはバターです)。わたしの場合は、冬場はとくにですが、バターを練ったりホイップするのではなく、粉類とバターを切り混ぜていったものを卵と合わせるほうが横着ができて好きなので、こういうときにバターの粒が見えます。
 左上: 流したところ(焼く前)

洋梨と栗のタルト

 タルト部分はある程度のところまで焼けているので、洋梨(缶詰)とクリームを入れたら、180℃で25分くらい。
 底は厚くしていないので、切るときに楽でいいです。

 上に書きましたように、もともとは冬場の横着からはじめたことですが、バターを粉類に切り混ぜていくことで楽ができます。さらに、焼いたときのクリーム部分にサクッとした感じが出ることもあり、この方法が気に入っています。もっとも、夏はバターを混ぜるのが楽なので、ホイップするかもしれませんが(←このあたりがいい加減というか、いやいや、臨機応変ですよねっ)。

参考リンク:

この本は持っていませんが、表紙が美味しそうですね。

posted by ちぇり / mikimaru at 21:15| Comment(0) | 【自作】菓子・パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]