2021年01月31日

2層プリンが、できてしまった

 別に2層プリンを作ろうと思って作ったわけではないのですが、結果としてできあがりました。

 前回(かぼちゃパウダーとリコッタチーズのプリン)と同じように、セラベイクのパウンド型です。

 今回は、古くなってしまった生クリームがあったので、プリンなら作ってしまって冷凍すればいいのだからと、そのためにやってみたようなものでした。まだ前回のプリンも半分くらい冷凍していたような気がします。

ココアパウダーを使った2層プリン

 少量の水とココアパウダーと生クリームを小鍋に入れ、できるだけよく溶かすように混ぜながら加熱し(多少はココアのダマが出ましたが、どうせ漉すんだからいいやと適当な気分で)、その後に少し温度が下がってから、砂糖と卵と牛乳をよく混ぜていた液に合流させ、漉しながらセラベイクへ入れました。

(この、漉すときのこと: ココアパウダーは混ぜるときから「どうせダマだし」といういい加減な気持ちでしたが、卵白が思ったより切れていなくて、かなり網に引っかかりました。もったいないです。でもそうなってから卵白を切り直して生地に入れることはできないので、泣く泣く処分。卵白さんすみません)

 低めの温度で、45分くらい蒸し焼き。

 底(ひっくり返したときの表面)に、白い粒が出てしまったのは、なんでしょうかね…。おそらく全体と混ぜるときにまだ鍋の内部の温度がけっこう高くて、生クリーム成分が固まったんでしょうか。あるいは卵白? …とにかく食べられるものであるのは確かです。見た目はともかくとして、味にも影響ないし。次に作ることがあったら温度に気をつけてみます。

 で、2層になってしまったのは、おそらく、低温で蒸し焼きなので、焼けるあいだに生クリームが沈み、牛乳とココアパウダーが浮いたのでしょう。食べると下は牛乳プリンみたいなあっさり味、上は普通にココアみたいな味でした。

(後日追記: ネットで検索したところ、加熱しているあいだに乳脂肪が上部に浮いて2段になるのは、最初に生クリームと牛乳を一緒に「高い温度まで」加熱し、温度が少し下がりかけたところで卵液に合わせると防げる、とのことでした。そういえば今回、なぜか生クリームとココアだけ加熱してしまったのでした ^^;)

 前回のカボチャと、今回のこれと、食べ終わるころにまた次の実験でもしてみるとしましょう。

参考リンク:
○ おなじみ、セラベイクのパウンド型


○ 作るのが面倒な人は、楽天でショコラのプリンはいかがでしょう。



posted by ちぇり / mikimaru at 15:20| Comment(0) | 【自作】菓子・パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]