2017年07月18日

中野駅界隈 (17/07/18)

 夏になると日本に滞在するアメリカのご家族(お母さんと息子さん)と一緒に、中野へ。去年ちょっと歩いたときに、中野を気に入っていただけたようで、今年もぜひという話になりました。時間によっては先に吉祥寺の自然文化園やクワガタ昆虫館に行きたいと思っていたんですが、自然文化園は定休日だったため、中野だけで。

 こちらは、南口の五差路の近くにある創業70年の和菓子店「壺屋」さんです。豆大福をお客様のお土産と自分たち用に購入。1個130円(税込み)でした。餅部分が、餅というよりは求肥に近いような、とてもやわらかなものでした。

中野の和菓子店(壺屋)

 とくに定休日というのはないというお話。お盆やお正月には休むけれど、それ以外は何かの事情で「突然」に休むことがあるくらいだそうです。
 またぜひ出かけたいです。

 こちらの写真は、中野ブロードウェイの地下にある「デイリーチコ」のソフトクリームのサンプルと、中野四季の森公園にあるオフィスビル内、丸亀製麺のうどん。そして、中野北口のアーケード街(サンモール)のロッテリア併設「コアラのマーチ焼き」。

 中野の食べ物屋さん3軒

 デイリーチコさん、何十年も前からソフトクリームをやっています。大きな段で有名になっていますが、味はちゃんと乳脂肪がはいったもので、安価品の味ではありません。
 丸亀製麺。。。わたし、うどん屋はめったに行かないので、注文からして戸惑うし、どきどきしました。うどんも蕎麦もおいている店になら出かけます(そのときは蕎麦を食べます)が、うどん屋さんというのは、どきどきします。慣れた方がいいのかな(^^)。
 コアラのマーチ焼きですが、これは笑い話が。今年の1月に、ロッテリアにこのコアラのマーチ焼き売り場が併設され、人が何十人も並んで「最後尾こちら」の立て札を持った人までいたんです。わたしはつい、その人に、聞いてはいけないことを聞いてしまいました「この商品、いつまでなんですか?」(←限定だから人が並んでいるのだと思って)。
 お店のお兄さん、少し顔が引きつったのです。そして、言いづらそうに「ずっとです」。
 期間限定品ではなく、中野に引っ越してきたばかりということで珍しかったから、それで行列になっていたんです。
 そして、いまではすっかり「誰も並んでいません!!」(笑)。
posted by ちぇり / mikimaru at 22:10| Comment(0) | 食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。