2017年01月06日

カスタードクリーム

 ピティヴィエ(フェーヴがはいっていれば名前はガレットデロワ)を食べる日ですので、毎年のようにこれを作っているわけですが、この数年、人様の前に写真を出せるような出来では作れておらず、今年のものも、どうしようかなぁと(笑)。

 でも、途中経過のカスタードクリームが美味しくできたので、その話をします。
カスタードクリーム

 家庭でちょっとした用事に使うカスタードクリーム、小鍋でじゅうぶんですよね。でもお菓子のちゃんとした本には牛乳1リットル以上の配合で書かれている場合がほとんど。

 わたしの場合は…少量です。お菓子に使ったほか、翌日の食パンにでも塗ってしまえば、すぐ終わります。

== グループA ==
 ○ 卵黄2個 (だいたい35~40gくらい)
 ○ 砂糖 25g
泡立て器などで、よく混ぜておきます。

== グループB ==
 ○ コーンスターチ 12g
 ○ 小麦粉 12g
(コーンスターチを少なめにしてもいいかもしれません。両方の合計が25g以内くらい)

== グループC ==
 ○ 牛乳 250ml
 ○ バニラシュガー 25g
(バニラシュガーを用意していない場合は、グラニュー糖25gとバニラビーンズ)

== 仕上げ用 ==
 ○ 食塩不使用バター 10g くらい
(お好みで、少量のラム酒などを入れると美味しい)

 ○ フライパンなどに水を張って、小鍋をすぐに冷やせるようにしておく

=== 手順 === 
 A は、混ぜてあることを確認
 B の粉は、両方合わせてふるってあることを確認して
 まず、A に B をさっくりと混ぜます(あまり念入りに混ぜなくてよい)

 そして C を、小鍋で熱く沸かす

 次に、C の半分くらいをAに入れて混ぜ、全体をC の鍋にもどして、弱火で加熱し、ゴムべらやシリコンへらなどで、焦げつかないように見守る。ほんの少しのあいだで量が膨れてくるため、とろみが出たと思ったら火をとめ、軽く全体を混ぜながら、バターやラム酒を入れます。
 そして、水を張ったフライパン(もしくは何らかの容器)に小鍋を浸けて、それ以上の火が通らないようにしながら、そっと底の方をかき混ぜて焦げつきを防止。

 わたし、実は今日は牛乳250mlの一部を賞味期限が微妙に過ぎた未開封の中沢パントリークリーム(乳脂肪30%のコーヒー用生クリーム)にしました。賞味期限過ぎたけど加熱するんだからいいじゃないと(笑)←よいこは真似しないでね。
 こういう風に、乳脂肪が多めの場合は、最後のバターを減らそうかとも思ったんですが、ついつい、そのまま入れてしまいました。結果として、甘さは控えめだけれどなにやらコクのあるクリームかなと、思いました(思っているだけかもしれませんが ^^;)。
posted by ちぇり / mikimaru at 21:20| Comment(0) | 【自作】菓子・パン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。