2021年08月05日

自己流「ファーブルトン」

 以前からファーブルトンが好きで、店にあればかなりの確率で買います。ただこれ、自宅で焼くのも簡単なんです。今回は作ってみました。

 混ぜ方も簡単、お菓子にありがちな「バターをホイップする」もなければ、「卵を泡立てる」もありません。混ぜていくだけです。ただちょっと問題なのは「高温で焼くので夏は暑くてやっていられない」という点に尽きると思います。レシピはネット上にかなり広く出まわっていますが、わたしは今回用に分量と配合を工夫しました。

 なぜかというとですね、今回は「自分で焼くパンと同じ温度と時間で、1回に終わらせたい」という願いがあったのです。

 ではまず、準備中とできあがりの写真を1枚にまとめたものがありますので、ご覧ください♪

自宅で簡単、ファーブルトン

 右上。セラベイク(下準備なく菓子が焼ける便利な焼き型)に、紅茶でふやかしておいたプルーンを入れます。
 右中。作った液を流します。
 右下。210℃で30分焼いて、有塩バターをのせて表面に広げ、冷まします。
 左側。粗熱が取れたらカットします。冷やしても美味しいです。こんがりした色合いを楽しみたい場合は、底を上にしてください。かなり茶色くなっています。

 味と食感は「洋風ういろう」です。くにゅくにゅしたプリン、やわらかめのカヌレのようなものです。

 配合(パンと焼き時間を合わせる必要があったのと、手近にある材料という都合で、自己流です)

 ○ プルーン。種抜きで買ってあったもの。おそらく使用したのは120gくらいかと思います。事前にアールグレイの紅茶でふやかしておきました。ちなみに浸けておくのはオレンジジュースがいいという人、ラム酒という人、いろいろいらっしゃるようです。

 ○ 薄力粉 90g
 ○ 砂糖 75g
 ○ 塩 ひとつまみ
(この三つは、ふるうか、面倒ならばホイッパーなどで、ぐるぐる混ぜてください ^^;)

 ○ 卵3個を溶いておいて、上の粉に混ぜていきます。一度だとダマになるので、少しずつ。
 ○ わたしは今回、生クリーム(36%のもの200mlが余っていた)と、牛乳150mlを少しずつそこに混ぜましたが、生クリームがあってもなくても、あるいはぜんぶ生クリームでもいいかもしれません。お好みで。
 ○ ラム酒を垂らします。適量。お好みで。

 ○ オーブンを210℃で温めておいて、プルーンのはいっている容器に液を流し込みます。ゆっくり入れても多少はプルーンが踊るので、多少は「プルーンがあるところ、ないところ」ができるかもしれません。

 ○ 大きく膨らんで、焼き上がったら、熱いうちに有塩バターを適量、表面に塗ります。そのまま冷まします。

 なお、この写真で上のほうが明るい黄色になっているのは、この上の段でパンを焼いていたので、火の当たりが弱めになったからです。実際には、上の段に何もなくて210℃で焼いたら、もっと茶色になる可能性が高いですので、このくらいの色合いがよい人は、途中でアルミを被せるとか、なんらかの工夫があるといいかもしれません。

参考リンク:
○ このブログではおなじみ、セラベイク。


posted by ちぇり / mikimaru at 23:00| Comment(0) | 【自作】菓子・パン