2020年08月29日

ヨークシャープディング

 名前からはお菓子を連想されがちですが、小麦粉を使ったおつまみパンのようなもので、甘さはありません。今日は13cmくらいのタルト皿2枚で焼いてみましたが、金属のマフィン型や、あまり深くないプリン型などでも、できると思います。

 ネットに出ているレシピはだいたい同じような感じでしたが、わたしはBBC Good Food というサイトにあったレシピの分量を半分にして、自分なりに工夫してみました。

ヨークシャープディング

 タルト用の焼き皿に、スーパーで牛肉を買うともらえる牛脂を1個ずつ用意します。
 210℃の余熱をしたオーブンの中にその皿ごと入れて、2分くらい熱します。
 すぐに皿の上の脂を刷毛でまんべんなく塗り、用意しておいた生地を流して、210℃で20分弱。膨らんで、色がついたら取り出します。

 流した生地は…
 薄力粉 70g、卵2個、牛乳 100ml(わたしはもう少し入れたかもしれません)を、この書いた順番に混ぜていったもの。最後に塩こしょうをして、ダマがないことを確認し、熱しておいた上述の皿に流します。
 皿も天板も熱いので、気をつけましょう。わたしは途中で1回(あまりに天板が熱いので)作業を中断しましたが、これを手早く流せれば、けっこう形もよくなるかもしれません。
 今回は左側が「焼き上がり直後」です。数分でしぼみます。

 お昼にハンバーグを食べるとき、添えて食べました。
posted by ちぇり / mikimaru at 16:15| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年08月12日

チョコとマスカルポーネのケーキ

 チョコレートの買い置きがけっこうあるので、前回のガトーショコラもまだ冷凍されているんですが、昨日これを焼いてみました。1日冷蔵庫に入れていたので、食べたのは今日です。

 目標は、内側がしっとりしていて、重量感のあるケーキ。でも少しはふんわりしてほしいという、どっちつかずなものでした。

 焼いた直後の写真。「これどうしよう、たぶん内側がかなり焼けていないけれど…どれくらいしぼむかな、迷う〜」と、けっきょく追加焼きせず。
チョコとマスカルポーネのケーキ

 半分くらいにしぼみました。冷蔵庫に1日入れて、ナイフを入れてみましたが、かなりもう「ケーキというよりチョコ食べてる状態」です(^o^)。
 味はいいんですが(←チョコ、バター、牛乳、卵、砂糖、小麦粉、ラム酒ですから、まずいわけがない)、もうちょっとだけ、粉の存在があってもよかったかな? どうだろう。でも食べ終わるまでに時間がかかるので、挑戦するとしてもまだしばらく先です。
チョコとマスカルポーネのケーキ

 この配合は、ネットで15cmのチョコチーズスフレのレシピをいくつか検索し、いいとこ取りをしてみた結果です。いちおう書いておきます。

=====
 マスカルポーネ 150g

 チョコ - 90g
 牛乳 - 70g
 食塩不使用バター - 20g

 ラム酒 - 10g

 卵黄 - 2個

 薄力粉 - 15g

 卵白 - 2個
 砂糖 - 45g
=====

 薄力粉を10gくらい足すと、食感がけっこう違ったかもしれないけれど、今回とどちらがよかっただろう。チョコを減らしてココアパウダーを少し入れても、さっくりするかな。
 あるいは、あと10分焼いておいても、ちょっと違いが出たかと思う。

 まぁ、今回はこれで、失敗だったとまでは思っていないので、将来もっと美味しくできればよいかなと思います。

 あ、ちなみにこのお菓子、これほど水分が多いのに、焼いているときの膨らみ方がとんでもありません。ケーキ型のサイドに入れる紙の帯を、ずらして1.5倍の高さになるよう2枚入れましたが、ちょうどよかったです。

 ちなみにわたしは、15cm型で焼くことが多いですが、敷紙は18cm(18cmで焼くときは21cm)を使います。個人の好みですが、周囲の帯状の紙を押さえるように、たくしこむような置き方が好きです。

 これは楽天のセット販売ですが、底敷きだけでも、帯だけでも、製菓用品店で購入できます。
posted by ちぇり / mikimaru at 18:50| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年08月05日

赤飯を、1kgで作ってみた

 いつもは500gくらいで作っているんですが、それですと、あっというまに食べ終わってしまいます。今回は1kgで作りましたので、一部は赤飯おにぎりにして冷凍できます。

 餅米の重さに対して10%(今回は100g)のササゲをゆで、汁をとって冷ましておいたものと、冷水を一緒に、餅米に漬けます。もちろんですが夏ですので冷水にしました。冬は普通のお水でどうぞ。
赤飯の準備と、途中経過

 せいろまたは蒸し器に、大きな蒸し布巾を敷いて、米をならします。
赤飯の準備と、途中経過

 最初だけ強火で、熱がまわってきたら中火にして25分蒸します。今回は25分にしましたが、同じ蒸し器で米の量が少ない場合は時間を20分くらいでやっています。
赤飯の準備と、途中経過

 その後、別にしておいたササゲを混ぜて、12分ほど蒸します(量が少ないときは10分くらいでやっていましたが、今回はねんのため)。
赤飯の準備と、途中経過

 蒸し上がりました。
赤飯の準備と、途中経過

 すぐ大きなボウル等に移動して、ササゲと赤飯をよく混ぜます。
赤飯、完成

参考リンク:
 国産ササゲは高いのですが、わたしは去年こちらのお店(楽天)で、250gの特売品を買いました…いまは80gずつがメインのようです。

posted by ちぇり / mikimaru at 12:35| Comment(0) | 料理

2020年08月04日

ガトーショコラ (15cm)

 暑いのでオーブンを使う時間をできるだけ短くしたいと思い、食パンと同じ温度と時間で焼けそうなものを考えて、ガトーショコラにしました。さっくりタイプです。

 まず、自分の食パンは180℃で35分くらいなので(何に入れて焼くかによって違いますが、今日の食パン型はこの温度と時間でした)、その温度と時間でガトーショコラを焼くにはどうしようかと、Googleで「ガトーショコラ 15cm 180℃ 30分」と検索し、ネット上にあったレシピを検討して、自分の家にある材料でやってみることにしました。

 今回はレシピは書きませんが、次回にもう少し改善できると思うので、そのときに。

 使ったのは、チョコレート、食塩不使用バター、砂糖、卵、牛乳、ココアパウダー、小麦粉です。
15cmのガトーショコラ
 焼き上がったところ。けっこう高さがあります。

15cmのガトーショコラ
 出してしまうと背が低く見えますが、けっこう普通のスポンジケーキほどは、ありました。

15cmのガトーショコラ
 生クリームを使うか、ココアパウダーを減らしてチョコレートを増やすなどすれば、もうちょっと大人な味になったかもしれませんが、これは「さくっ、ほろっ」といった感じのガトーショコラです。

 これも美味しいのですが、ゆくゆくはチョコレートの重さがもう少しあるものを作ってみたいですね。
posted by ちぇり / mikimaru at 21:50| Comment(0) | 【自作】菓子・パン