2020年05月31日

パウンドケーキ

 めずらしいバターが、賞味期限が近いということで半額程度で売られていた。ベルギーのPur Naturという伝統バターのライセンスをとり、北海道で作られているものだが、通常品では2000円くらいするらしい。わたしは楽天で、980円で買えるとわかり(もうその店は売り切れ)、3個ほど買っておいた。 カネカ Pur Natur

 ご覧のとおり、真っ白なバターである。
Pur Naturバターを使ったパウンドケーキ

 室温にもどして、空気を含ませるように練り、砂糖を入れて練り、卵を入れ、ラム酒を入れ、最後に粉類を入れて、つやが出るまでゴムべらで混ぜる。レシピは富澤商店のものを参考に、自己流で。

 たまたま使ったガラスのパウンドケーキ型が、少し一般的なものよりは大きめだったのだが、だからといって分量を増やすよりも、参考レシピの分量そのままで、焼いてみることに。

 下の写真では、右側上の6が、生地をパウンド型に落としたところ。
 7は、軽くトントンと型を落として空気を抜いたあとで、表面をならした状態。
 焼いている途中で(レシピには開始10分と書いてあったがわたしは25分ころ)表面にナイフを入れて、焼き上げる。
Pur Naturバターを使ったパウンドケーキ

 ちょっとラム酒を遠慮しすぎたか…。もう少し入れるか、焼き上がってからシロップ状のラムを塗りまくるか、あるいは生地に少し牛乳でも入れてみるとよかったかと思う。翌日に食べたせいか、やや乾燥して感じられる。明日以降に食べたら美味しいのかもしれないが、せっかちなので切ってしまった。残りをラップに入れたまま、しばらく放置してみるとしよう。

posted by ちぇり / mikimaru at 18:10| Comment(0) | 【自作】菓子・パン