2020年05月31日

パウンドケーキ

 めずらしいバターが、賞味期限が近いということで半額程度で売られていた。ベルギーのPur Naturという伝統バターのライセンスをとり、北海道で作られているものだが、通常品では2000円くらいするらしい。わたしは楽天で、980円で買えるとわかり(もうその店は売り切れ)、3個ほど買っておいた。 カネカ Pur Natur

 ご覧のとおり、真っ白なバターである。
Pur Naturバターを使ったパウンドケーキ

 室温にもどして、空気を含ませるように練り、砂糖を入れて練り、卵を入れ、ラム酒を入れ、最後に粉類を入れて、つやが出るまでゴムべらで混ぜる。レシピは富澤商店のものを参考に、自己流で。

 たまたま使ったガラスのパウンドケーキ型が、少し一般的なものよりは大きめだったのだが、だからといって分量を増やすよりも、参考レシピの分量そのままで、焼いてみることに。

 下の写真では、右側上の6が、生地をパウンド型に落としたところ。
 7は、軽くトントンと型を落として空気を抜いたあとで、表面をならした状態。
 焼いている途中で(レシピには開始10分と書いてあったがわたしは25分ころ)表面にナイフを入れて、焼き上げる。
Pur Naturバターを使ったパウンドケーキ

 ちょっとラム酒を遠慮しすぎたか…。もう少し入れるか、焼き上がってからシロップ状のラムを塗りまくるか、あるいは生地に少し牛乳でも入れてみるとよかったかと思う。翌日に食べたせいか、やや乾燥して感じられる。明日以降に食べたら美味しいのかもしれないが、せっかちなので切ってしまった。残りをラップに入れたまま、しばらく放置してみるとしよう。

posted by ちぇり / mikimaru at 18:10| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年05月29日

バゲット(っぽい)パン

 数年前に富澤商店で買って数回しか使わなかったフランスパン天板を、引っ張り出して焼いてみる2回目。

フランスパン天板で焼く練習

 生地がやわからかすぎて、今回もクープがはいらない。数日前におこなった1回目では、クープナイフに小麦粉をまぶして切ってみて(^o^)うまくいかず、今日は何もつけずにやってみて、やはりだめ。

 うしろの大きく写っているものが、ほぼ正面からの写真。右下のものは、裏側が見えるように傾けた画像です。

 クープについては、パンマットなど、水分を生地から引き取ってくれそうなもので最終発酵をすればいいのでしょうが、あれはまたあれで、わたしは面倒で…。持っていますが、あまり使わないんです。性に合わず。
 わたしはある程度まで発酵させた生地を、やわらかいままどうにか棒状にして、天板に休ませてから焼いていますから、ナイフを入れられるほどには表面が乾かないんですよねぇ。

天板は、富澤商店のものはこんな感じですが(品切れ)
 


他店でも、売られています。
フランスパン型、などの単語で検索するとよいかと思います。
 
posted by ちぇり / mikimaru at 18:45| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年05月22日

正方形型で、パン

 生地は520gくらいで、4つに丸めてパンにしてみました。最終発酵の前後、焼き上がりと、背景は割ってみたところです。
四角い型で、パン

 生地がほんのり茶色いのは、酵母に珈琲がはいっているからです。
posted by ちぇり / mikimaru at 19:05| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年05月07日

浅いクグロフ型 (2)

 前回の記事のあと、何回か浅いクグロフ型でやってみたのですが、やはり「すっぽり」抜けることは、ありませんでした。やはり菓子向きのようです。

 パンですと、この微妙な形では、なかなか難しいのでしょうね。今回もわずかな部分でタルトヘラの差し込み(空気を入れる)が足らなかったようで、逆さまに出したときに表面がパカッと割れてしまいました。

浅いクグロフ型でパン(2)

 きれいな型なので、次はお菓子を作ってみたいです。

 このパンは、レーズンパンです。中味そのものは美味しく食べられました。
posted by ちぇり / mikimaru at 15:25| Comment(0) | 【自作】菓子・パン