2018年07月29日

高円寺南の喫茶店「七つ森」

 金曜日ですが、高円寺南のほうで用事があり、てくてくと歩いていますと、以前から興味があった喫茶店「七つ森」さんが、ちょうどランチ開始時間でした。

 開店は午前10時半、ランチは11時からのようでした。外からは中がうかがい知れないお店なので、いつも通ったときに店内に人がいるのかどうかを知るチャンスは「誰かが出てきてドアが開いたとき」だったのですが、さすがに午前11時で人は多くないだろうと思えたため、入店。

 あまりにランチが美味しそうだったので、時間が早かったのに、食べてしまいました。
 高円寺南「七つ森」のランチ

 日替わりのランチは2種類あって、この日は「ご飯物」がこのドライカレーとサラダ、スープ、コーヒー。そして連れが食べたスパゲティは「カルボナーラ」でした。どちらも本格派。しかもどちらも1000円以下!!

 コーヒーは、ジャーマンロースト、フレンチロースト、イタリアンローストほか、今日のコーヒーと書かれたものなど、だいたい5〜6種類あったようです。飲み物と一緒にクッキーがついてきました。

 周囲に常連さんと思しき人が何人かいらっしゃいました。常連さんの多い喫茶店というのは、なんだかひさしぶりにはいってみた気がします。

 参考リンク:
高円寺ルック商店街: 七つ森
posted by ちぇり / mikimaru at 23:25| Comment(0) | ランチ

2018年07月19日

発酵生地を使った、もちもちホットケーキ

 これは最近よく作るようになった、発酵生地とベーキングパウダーを両方使ったホットケーキです。蒸しパンにもこれは応用できます。

 イギリスのお菓子でフレンドシップケーキ(つないだ発酵生地とベーキングパウダーを使って焼く)のレシピを読んだことがあります。そちらは数日かけて室温で発酵させた生地とベーキングパウダーを入れて焼く、焼きっぱなしのパウンドケーキみたいなものですが、こちらは、そのホットケーキ版のようなものでしょうか。

発酵生地を使った、もちもちホットケーキ

 材料:
===
(粉類)
薄力粉 200g
ベーキングパウダー 6g
塩 2g
脱脂粉乳 20g
砂糖 30g

(たまごなど)
卵 55g (Mサイズ1個)
牛乳 100g
水 100 g
蜂蜜 20g

発酵させたパン種 210g
(*1)
===

 手順:
===
A 粉類を、すべてよく混ぜておく

B たまごなどを、よく混ぜておく
 ↓ 
C 発酵させておいたパン種を、Bに混ぜる

CとAを混ぜる。どちらから混ぜてもよいですが、ダマにならないようにお気をつけて。
ホイッパー(泡立て器)ではなく、何回かに分けて、ヘラを使ったほうがよいと思います。

混ぜ終わったものを、30分くらい寝かせておく。

 ↓ 
フライパンで焼く
===

○ 種を落とすところまでは、ぬるい状態のフライパン
○ 種を落としたら、やや強火で、表面につぶつぶが出てくるまで
○ すぐひっくり返すと、写真のような色合いに「片面が」できます。もう片面は、どうしても色がまだらになりますので、きれいに焼こうとせず、焦がさない程度の時間で火からおろしてください。
(どら焼きのような「片面を見て楽しむ」ものとお考えください)

それから、焼きはじめの最初の何枚かは、色が悪くなります。この写真のものは後半の焼き上がりです。前半は色むらが出ますので、そういうものだと思ってください(^^)。
===

(*1) パン生地について

わたしは普段から冷蔵庫で寝かせている小麦酵母を使っていますが、そういったものを育てていない方は…
===
小麦粉 110g
水 90g
市販イースト(粉末製品など)を少量
若干の塩(ごくごく少量)
===
これを混ぜて、20〜30分くらい室温においておきましょう
(冬ならもう少し時間をかけて、夏はこれでじゅうぶん)

 もちもちして、美味しいですよ。
posted by ちぇり / mikimaru at 11:35| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2018年07月13日

ホテルで夕食

 横浜に泊まったのは、初めてです。三連休前のぎりぎり駆けこみで、昨日で最終だったお得な宿泊プラン(夕食はルームサービス、朝食はビュッフェ)を予約してありました。アニバーサリープランといって、記念日などにどうぞというものです。奇しくもわが家は今月が記念日、しかも○○周年という区切りのよい年でしたので、出かけてまいりました。

 ルームサービスのフルコースってどんなものだろうと思いましたが、なんとも豪華。
ホテルの夕食(ルームサービス)

 テーブルを兼ねたワゴン(部屋に持ってくるまではワゴンで、縁を組み立ててひろげるとテーブルに変身)でしたが、内側が熱々の保温庫になっていて、前菜(写真左下)が食べ終わったら魚料理と肉料理を保温庫から自分で出してテーブルに並べられるんです。

 赤のスパークリングワイン、白身魚のスープ(左下で蓋がついている容器)、鯛の前菜、パンを並べていただいて、お給仕の方は退室。その後は自分たちのペースで、オマール海老、お肉へと進み、最後にデザートとコーヒーをいただいて、かなり満腹!!

 担当の方が忙しいらしく、とても混雑しているということで、ワゴンを下げてもらうまでに時間がありましたが、満腹すぎて下げていただくまでの時間(30分くらい?)、うとうとと寝てしまいました。ほんとうに、食べて直後に片付けも気にせず横になれるって、気持ちいいですね(笑)。

 朝食はビュッフェでしたが、あまり写真を撮りませんでした。ほかに横浜そごうで「えの木てい」のチェリーサンド、マーロウのプリンなどを買って帰宅しました。

posted by ちぇり / mikimaru at 21:55| Comment(0) | 日々の雑記

2018年07月05日

赤飯を、蒸し器で

 たまに作る赤飯です。昔はめでたいことがあると食べるなどと言われましたが、美味しいから、めでたいかどうかに関係なく、食べたいですね(笑)。

蒸し上がった赤飯

 これは500gの糯米で、蒸し器で作りました。
(500gというのは、だいたい3合ちょっとです。1kgの糯米を買ってきて半分使いました)

 前の日から準備が必要ですが、時間がない場合は、下の過程を「ぬるま湯で」おこなえば、数時間でできます。

 まず、ささぎ(ささげ)を50g用意して、ゆでます。(豆の話は、最後に)

 汚れをおとす意味を兼ねて、最初に3分ゆでて、お湯を捨てて、弱火でゆでなおします。20分以上したところで、ゆで汁の色が濃くなってきたら、豆と汁を分けます。汁を急いで冷まして(鍋の周囲に水を張るなどして急いで冷まし)、研いでおいた糯米に、水とそのゆでた汁を一緒に入れて、色を付けるため1晩寝かせます。ゆでた豆のほうは冷蔵庫で保管。
 真冬ならば多少は汁が温かくても大丈夫かもしれませんが、夏はかならずきちんと冷ましてからにしてください。ぬるい汁に半日も浸けておいたら糯米が傷んでしまいますので…。この暑さのため、わたしは念のために浸けた糯米に蓋をして、その蓋の上に保冷剤をおいて寝かせました。用心に越したことはありません。

 急いでいるときや、真夏であれば、数時間前にぬるい状態でつけこめば、作れるかと思います。

 蒸します。
 まず、蒸し器に蒸し布をおいて、米を平らにし、布をかけて強めの火で5分くらい。そのあと中火にして15分くらい。いったん火をとめて、布をめくって(布も熱いけれど蒸気も危険なのでトングなどの器具を使うと無難)、前日にゆでていた豆を米に混ぜます。そしてさらに中火(やや弱めの中火)で10分。火を止めてからそのまま10分くらい放置して、火傷をしないように気をつけて布ごと大きなボウルにとり、布をはずします。できあがったおこわをしゃもじでよく混ぜて、数分くらい空気にふれさせてから蓋をします(直後に蓋をするとたぶんべしゃべしゃになるかと…?)。

 ごまと塩をかけて、召し上がれ〜。

===
 ささぎ(ささげ)のこと。


 わたしはこれを使いましたが、国産でなければ、もうちょっと安いかな。画像は楽天の富澤商店さんのものですが、実店舗や、お店の公式サイトからも買えます。

posted by ちぇり / mikimaru at 12:15| Comment(0) | 料理