2020年05月22日

正方形型で、パン

 生地は520gくらいで、4つに丸めてパンにしてみました。最終発酵の前後、焼き上がりと、背景は割ってみたところです。
四角い型で、パン

 生地がほんのり茶色いのは、酵母に珈琲がはいっているからです。
posted by ちぇり / mikimaru at 19:05| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年05月07日

浅いクグロフ型 (2)

 前回の記事のあと、何回か浅いクグロフ型でやってみたのですが、やはり「すっぽり」抜けることは、ありませんでした。やはり菓子向きのようです。

 パンですと、この微妙な形では、なかなか難しいのでしょうね。今回もわずかな部分でタルトヘラの差し込み(空気を入れる)が足らなかったようで、逆さまに出したときに表面がパカッと割れてしまいました。

浅いクグロフ型でパン(2)

 きれいな型なので、次はお菓子を作ってみたいです。

 このパンは、レーズンパンです。中味そのものは美味しく食べられました。
posted by ちぇり / mikimaru at 15:25| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年04月18日

浅いクグロフ型で、パン

 この型でパンを焼くのはあまり多くないんですが、先日はレーズンパン、今日はプレーンなパンでやってみました。
 あとから切りやすいように、起時を8個にちぎって、入れておきます。これですと、膨らむときに型崩れしにくいような気がします。

浅いクグロフ型で食パン

 左上、生地を入れた直後。右上、45分くらい発酵。
 左下、焼いた直後。右下、抜いて上下を逆にしたところ。

 やはり、抜けが悪いですね。もうちょっとすんなり抜きたかった〜。後ろにちょっと生地が残った型が写っていますけれども、一緒に写っているタルトヘラ(小さな器具)で、隙間をたくさん作ってから引っこ抜いたつもりでしたが、まだまだでした。

 次はがんばります〜。
 
○ 型は、たしか大昔に、馬嶋屋さんか、浅井商店で購入しました。


○ タルトヘラは、製菓洋品店などで数百円で買えます。
これも馬嶋屋さんのものをリンクしておきます。

posted by ちぇり / mikimaru at 19:15| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年04月08日

パン生地(手ごね)工程

 写真にまとめてみました。昨日の、あんぱんの分です。

パンごね

 1 酵母を入れます(自家製、だいたい160gくらいだったかな…?)
 2 小麦粉を入れます(国産、だいたい200gくらい。強力粉150g、薄力粉50gのブレンド)
 3 砂糖と塩とスキムミルク(12g,4g,10gくらいだったかな…?)
 4 まず3の粉をかき混ぜてから、牛乳と水を入れます(牛乳40g、水70gくらいだったかな)
 5 バターを落とします(20gくらい。ほんとは細かく切っておいた方が楽です)
 6 最初にゴムべらなどで、生地をざっくり合わせてから、手ごね
 7 つまんでひっくり返すように落とすような手ごね、15分

 こんな感じですかね〜。
posted by ちぇり / mikimaru at 12:05| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年04月07日

あんぱんを焼くとき

 ロールケーキのようにくるくると巻いて焼く方式と違って、個別の丸いあんぱんは、数えるほどしか焼いたことがありませんが、気になっていたことがあります。これまでの経験ですと、何個か焼くうち、ひとつくらいは隅っこからあんが出てしまうのですが(下の写真の黄色い○のように)−−。もしここで最初から、てっぺんに切り込みを入れておいたらどうなるのか、と。

あんぱん(クープを入れる、入れない実験)

 今日は8個のうち、4個にクープを入れてから焼いてみました。そのまま焼いたものは3個が無事、1個が上の写真のように飛び出しました。クープを入れたものは、1個が派手に飛び出して(飛び出し部分があまりに豪快でこっけいなので、ここには載せるのをやめました ^^;)、ほか3個は「やや飛び出し」です。

 おそらく、焼成中にパン生地が膨張していく力(そしてそれにかかる時間)よりも、あんこが外に出て行こうとする勢いが早くて強いのかなと、想像します。

 ひとつには、この生地が「ほぼ食パン用」という、あっさり生地なので、のびが悪いことも考えられます。卵などもはいった菓子パン向けの生地なら、また違った具合になるかも。

 一概に生地の差ばかりとは、いえませんけれども。

 たとえば、パン屋さんで売られているあんバターのパンは、焼き込みの場合はですが、生地がフランスパン系ですね。かなりあんの水分を抑えているのかもしれません。パンが柔らか系で餡バターという場合は、バターに関してはあとからホイップバターを注入が多いのかと思います。

 今度は、まったく上を切らずに、生地を菓子パン向けのものにして、やわらかあんパンを目指してみるのも、おもしろいでしょうか。

 今回のあんこは、自作ではありません。お彼岸に使おうかと思っていた市販あんこです。
posted by ちぇり / mikimaru at 21:15| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2020年02月03日

ココアと栗とラムレーズンのパン

 ココアパウダーと、栗パウダー、砂糖、牛乳、水を練ったペーストに、ラムレーズンを入れてパンを焼いてみました。

ココアと栗とラムレーズンのパン

 ペーストは、
 ○ 純ココア30g
 ○ 栗パウダー 50g
 ○ 砂糖 40g(ラムレーズンを入れないならばもっと砂糖を入れないと苦いです)
 ○ 牛乳 40g
 ○ 水(適度な硬さになるまで加えていく。だいたい100ccくらい?)
 …という、混ぜながら決める大雑把な方法で作りました。これは1回に使うにはちょっと多いので、余ります。

 これを広げたパン生地に塗ったあとで、ラムレーズンを散らし、くるくる適当に丸めて、型に入れます。しばらく生地を休ませてから(わたしは自家製酵母なので1時間以上ですが市販イーストの人は少しの時間)、最後にオーブンの発酵機能で30分ほど温めて(市販イーストの人は、どちらかだけの発酵でよいかも)、190℃で30分焼きました。

 この型は一時期とてもはやったものですが(マーガレットローフパンで検索)、最近は売られてないかもしれません。パン生地なら1.5斤くらい余裕で焼けますし、もちろん巨大なバターケーキも。

 マロンパウダーは、少量を買うととても高いので、わたしは大袋で大人買いしています。こちらのお店がおすすめ。



posted by ちぇり / mikimaru at 12:25| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2019年12月31日

2020年のおせち

 今日の夕方、おせちができあがりました。本年もお世話になりました。また2020年もよろしくお願いします。

 いつも量がたくさんできてしまうので、今回から「田作り」と、「松前漬け」を買ってくることにしました。店で売られている最小限の量で作っても、1ヶ月近くかかってしまうのです。
 その代わり、ゴボウの肉巻きを入れました。
2020年のおせち

 肉系は、家族が作っています。わたしは栗きんとんとか、なますとか、簡単なものが多いです。
2020年のおせち

 お煮染め…何かいつもと違うと思ったら、レンコンが買ってあったのに、煮るのを忘れました(笑)。
2020年のおせち

 今年の伊達巻きは、けっこうおいしくできましたので、、これだけ拡大でおいておきます。
2020年のおせち

 来年もよろしくお願いします。
posted by ちぇり / mikimaru at 23:30| Comment(0) | 料理

2019年12月25日

2019年のローストチキン

 このところ、クリスマスのころに食べるものは、ローストチキンとパエリアです。ただ一度には食べません。作るのも片付けるのも、一度では面倒ですし、食べきれませんので。

 おとといの昼にパエリア、昨日の昼にラム肉のソテーを食べましたので、今日のお昼はローストチキンでした。晩には残った鶏肉の一部で雑炊も作りました。ケーキは今月頭に焼いたガトーマジックにふたたび挑戦しました。

 さて、ローストチキンです。

 ジップロックのような厚手の密封グッズに、洗った丸鶏と調味料(塩やハーブ、ニンニク、柑橘の皮など)を入れて、袋を重ね、冷蔵庫で寝かせておきます。
ローストチキン(2019)

 匂いが強いので、袋または容器は、重ねたほうがいいと思われます。
 とくに今回、翌日に焼くつもりが翌々日になりましたので、冷蔵庫の中でかなりニンニクが香ってしまいました。

ローストチキン(2019)
 焼く前に、水分をペーパータオルで拭き、内側に市販のチャーハンやピラフなどを詰めて(今年は市販チャーハンを150gくらい)、楊枝などで形を整え、足は縛って、オーブンに入れます。
 180度で1時間半。途中で、ゆでておいたジャガイモを一緒に入れました。また、20分に1回くらいはオーブンを開けて、脂を刷毛ですくって鶏に塗りました。

ローストチキン(2019)
 焼き上がり。今年は皮がパリパリにできました。なんだか北京ダックみたいに香ばしかった。

ローストチキン(2019)

 いただきま〜す。

 なお、これはクックパッドマートで専門店から買った鶏で、だいたい1kgくらいだったと思います。

 毎年お世話になっている本は、こちら。


 デザート類などもあって、素晴らしい本です。
posted by ちぇり / mikimaru at 22:40| Comment(0) | 料理

2019年12月02日

ガトー・マジック・オ・ショコラ(初挑戦)

 純ココアが大量に余っていまして、こんなものを作ってみました。ガトー・マジックのショコラ版です。

 成功した場合には、一番下がプリンのようなぷるぷる層、中間がクリーミーな層、一番上がスポンジ、となるものですが…
ガトー・マジック・オ・ショコラ(試作)

 わたしの場合は、一番下の段の中央(この画像で見ると左側先端)が、まだとろとろしていたようです。焼き型から外したら、中央がくぼんでしまいました(苦笑)。

 えもじょわさんのレシピ(たまご3個)を見ながら、2個に減らして焼き、最後にようやく「あっ2個に減らしたのだから、焼き時間どうすれば?」と、勘で止めてしまいました。あと5分くらいやってみても、よかったかもしれません。

 ちなみにえもじょわさんのレシピでは50℃で50分(18センチ型)、これはたまご2個レシピにして、15センチ型で38分やりました。次は43分でやってみます。

参考リンク:

えもじょわさんのレシピ → フランスからお届けする3層の魔法のケーキ ガトーマジックの作り方
posted by ちぇり / mikimaru at 17:30| Comment(0) | 【自作】菓子・パン

2019年12月01日

自作シュトレン(2019)

 自分で作るのは、3年ぶりくらいではないかと思います。2010年前後から、ずっと焼いていたのですが、何年か前にお菓子屋さんのシュトレンを食べる機会があり、自分で焼かなくなっていました。今年は焼く日になって「焼くならいま」と、あり合わせの材料でやりました。

 というわけで、ドライフルーツは自分がいつでもコーンフレークが食べられるように仕込んであった「何でもあり」のもので、巨峰もはいっているしモモやリンゴまで(笑)。ドイツ人が聞いたらびっくりするでしょうね。
 中央のマジパンは、やっとこの分だけ作れるくらいアーモンドパウダーが残っていたので、ラッキーでした。


 夕方にこね、自家製酵母なので発酵に時間がかかるため、夜間に放置して翌日午前に焼いたのですが、今回は数年ぶりということで頭がぼーっとし、たまごと牛乳を間違えて多めにいれてしまいました。生地に混ぜる直前のボウルで「何かおかしい」と、一部を入れずにいたのですが、やはり多めになってしまったようで(笑)。。。なんだかシュトレンというよりは、ドライフルーツたっぷりパンのようになってしまった気がします。
2019年の自作シュトレン

 焼き上がってバターをたっぷり塗ったら、粉糖をかけます。すぐにかける分と、熱がほぼとれてからかける分をわけておきます。そうすることで、溶けるのを防ぐ狙いがあるわけですが、今年はちょっと、とけちゃいましたね(下の画面の右側は、1週間休ませて袋から出してみたところです。
2019年の自作シュトレン

 ただ、生地にアルコールとバターがたくさんはいっていて、表面もバターたっぷり、上には溶けたとはいっても砂糖がたっぷりですので、普通のパンよりは日持ちします。実際、数年前には2か月以上経ってから食べたこともありました。

 入手は困難かもしれませんが、この本を参考にいつもは作っています(あくまで「参考に」という程度ですが…作っているうちに自己流になってしまうので!!)

posted by ちぇり / mikimaru at 22:20| Comment(0) | 【自作】菓子・パン